ルテイン

ルテインsap


ルテインとは

 

ルテインは天然に存在する色素である「カルテノイド」の1つで、 強い抗酸化作用を持つ点が特徴として挙げられます。ルテインは人間の体内においては眼の網膜全体と水晶体に多く含まれています。ルテインは酸化を引き起こす活性酸素の原因となる紫外線や可視光線を吸収することで、網膜と水晶体が酸化するのを防ぐ効果をもたらします。

 

そのため、水晶体や網膜の酸化が主な原因となる 「白内障(物がぼんやりとかすんで見える病気)」 「緑内障(視野が狭くなる病気)」 「飛蚊症(視界に糸屑や小さな影、蚊のようなものなどが動いて見える病気)」 「黄班変性症(視界がゆがんだり欠損して見える病気)」 これらの病気を予防してくれるのです。

 

 

また、そうした病気だけでなく、「かすみ・老眼・近視」などの目の日常的な健康問題にも予防または改善効果をもたらしてくれるため、正にルテイン は目の健康に不可欠な物質と言えるのです。

 

ルテインはどのように摂取すれば良いの?

 

ルテインは、人間の体内においては生成されない物質であるため、身体の外から継続的に取り入れる必要があります。その摂取方法としては、主に、 食物から摂取する方法と、サプリメントから摂取する方法の2通りが挙げられます。
しかし、食物から摂取しようとすると、特にルテインの含有量が多いとされるケール(キャベツの仲間)やほうれん草でさえ、100g食べてもせいぜい10mg程度しか摂取することができないのです。

 

そのため、目にトラブルを抱える場合「1日のルテイン摂取目安量20mg」を全部摂るとなると、相当な量を食べる必要があります。 更に、人間はルテインだけでなく、他にもたくさんの栄養を1日の中で摂取しなければいけません。 そうしたことを考えると、食物から1日分のルテインを摂取することはほぼ不可能です。

 

一方、サプリメントによる場合だと、1日に一定量の小さな錠剤を服用すれば良いだけなので、ルテインを摂ることばかりに気をとられ栄養バランスが偏ることも無く、無理せず毎日続けることができます。

 

 

ルテインのサプリメントにはどのようなものがあるの?

 

「ルテイン」のサプリメントの中でも、「ドクターズチョイス・ルテイン40mg」がおすすめです。これに配合されているルテインは天然由来のものとなっています。

 

 

ルテインのサプリメントには、この 「天然ルテイン」のものだけでなく、「合成ルテイン」のものもありますが、安全性を考慮すると前者の天然ルテインのサプリメントの方が安心です。

 

 

なぜなら、合成ルテインは製造にあまり費用がかけられていない分、体内における吸収効率が悪く、中には副作用や発がんの危険性まではらむものもあるからです。

 

 

一方、天然ルテインが配合されたこの「ドクターズチョイス・ルテイン40mg」は、マリーゴールドの花から抽出された天然素材が原料となっているため、副作用の心配も無く、体内における吸収効率も非常に良いとされています。

 

 

またそれだけでなく、「ドクターズチョイス・ルテイン40mg」におけるルテインの製法は、アメリカで初めて食品や飲料へ、その生成したルテインを使用するのを許可された実績も持つため、品質性だけでなく高い安全性も保証されているのです。

 

また、他社のルテインサプリメントのルテイン含有量が5mgから多くても20mg程である一方、「ドクターズチョイス・ルテイン40mg」には40mgも含有されているため、他社のものよりも高い効果を期待できます。

 

 

更に、このサプリメントにはルテインの他にも、それと 同じく抗酸化作用を持つと共に、目の病気を防ぐカルテノイドである「ゼアキサンチン」も含まれています。そのため、同じルテインのサプリメントでも、こちらの方が眼に良い成分を複数摂取できるため、断然お得と言えるのです。

 

>>ドクターズチョイスのルテイン40rの詳細(公式サイト)

 

ルテインの働き

 

 

ルテインは、視力の中心に近いところに陣取って、目を守ってくれています。

 

私たちの目も、他のどの器官とも同じように日々ダメージを受けています。 皮膚に紫外線が良くないように、目にも紫外線はよくないのです。 そもそも、普通に目でものを見るというだけでもあらゆる栄養素がなければ出来ないことですから、特別目に悪いことをしなくても、栄養は消費されています。

 

例えば、ビタミンAが不足すると目が見えなくなるなど聞いたことはないでしょうか。ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目に良いと聞いたことはないでしょうか。これらの栄養素は確かに目の働きに重要な栄養素ですから、不足すれば当然目には良くない。

 

例えば目が複雑で大規模な工場だったり精密な機械が揃った研究所だとして、そこで働く人、つまり栄養素がなければ機能しません。

 

白内障や緑内障、加齢黄班変性が施設や設備の故障だとすれば、栄養不足は人手不足なのです。また、人手が足りないからメンテナンスも出来ず、故障するということですね。 人と違うところは、栄養が消費されるものであり、使い捨てられるものだと言うこと。一部の企業や工場ではこのように人を扱っているところもあるかもしれませんが、栄養はもっとドライに消費・使い捨ての世界です。

 

そしてルテインは、視力の中心に近いところで、目に最も悪いとされる太陽の青色光を吸着してくれると言います。

 

目に悪い光というものは目を酸化させ傷付けます。これを何とかしなければ、目を守るために栄養を送らなければと形成されるのが新生血管なのです。 悪気はないけど結果的に邪魔になってしまっている状態です。これも、人間の世界でもよくあることですし、これを取り除くことが難しいのも人間関係の場合と一緒ですから、加齢黄班変性の厄介さはイメージしやすいのではないでしょうか。

 

 

よって、 栄養素の中でも特に、ルテインが不足している人というのは紫外線などのダメージに対するフィルターが少ないということですから、目が傷付き易く、加齢黄班変性になりやすいと言えます。 目へのダメージの表れ方によっては、白内障や緑内障など他の眼病を引き起こす原因にもなるので、目の栄養不足にはならないようにすべきなのです。

 

反対に言えば、目の健康はルテインのような目を保護してくれる栄養素にかかっている。栄養さえ十分ならば、他の眼病の治療・予防にもなるということではないでしょうか。

 

 

ルテインもサプリメントで

 

ルテインが目の健康にかかせない栄養素だということはお分かりいただけたと思います。 食物から摂取する場合、ケールやほうれん草にとくに多くのルテインが含まれていますから、意識的に食事に取り入れるとよいでしょう。

 

しかし、目で働く栄養素は何もルテインだけではありません。少しお話した通り、ビタミンAやビタミンB12などのビタミン類、亜鉛やセレンなどのミネラル類など、目に必要な栄養はたくさんあります。 要はやはり 色々なものをバランスよく食べるというところに行き着くのですね。

 

しかしここでは、ルテインがただ目の健康に良いというだけでなく、目の病気を予防・治療する効果があるというお話をしているのです。 だから、既に目に何か違和感を持っていたり、加齢黄班変性という診断を受けていたりする人には、是非治療するつもりで積極的に摂っていただきたい栄養素なのです。

 

実は、なぜ新生血管がルテインを摂ると退縮するのか、はっきりとは分かっていないようです。自分でもう不必要だと判断して縮むのでしょうか。 ルテインも絶対に効果があるとは言えませんが、レーザー治療や薬の注射のようにリスクもコストも高い上に効果があるかどうか分からない、治療が難しいという状態なら、一度試してみても良いと思います。

 

そんなときはほうれん草を何束も食べるのではなく、サプリメントで効率的に体内に取り入れた方が絶対に良いはず。本来ならルテインは外部から取り入れることも出来ますが、私たちの体の中で作られ必要な部分に蓄えられてもいるのです。しかし、 40代になるころには、体内ではあまり作られなくなって、消費するばかりになってしまいます。

 

加齢黄班変性が50代以降の方に多いことはこう考えると必然ですし、車の運転、電子機器の常用などで目を酷使しやすい現代、ストレスにまみれ、お酒やタバコを拠り所とする現代では、ルテイン不足に拍車がかかるのも頷けます。だからこそ、毎日の食事に気を遣うのはもちろんですが、足りない分はサプリメントで集中的に、ということなのです。

 

また、まだ目に目立った異常は見られないという場合でも、 40代以上の方で、特に目を酷使する仕事をしている方、外での仕事などで紫外線に目が晒された期間が長く、これからもそのような生活を送る予定である方なども、食事でちょっと気をつけるというのではなく、サプリメントでルテインを摂取してしっかり目を守っていただいた方が良いと思います。

 

 

どんなサプリメントがいいの?

 

ルテインは一日6mg〜10mgの摂取が目安とされています。しかし、既に何らかの病気になってしまい、治療としてルテインを摂取するとしたら、もっと摂らなければならないとも言われています。 個人差もあるでしょうし、病気の進行具合にもよるのでしょうからはっきりと緑内障には何mg、加齢黄班変性には何mgとは言えません。しかし、病気の治療には10mg程度では足りないだろうというところです。

 

とは言え、 それぞれに十分な量だけ摂らなければならないですし、また多すぎて良いこともないでしょうから、やはり様子を見て経過を判断しながら試していただきたいと思います。 理想を言えば、ルテインについての理解があるお医者さんと相談して量を決めることだと思います。ある程度の量を試して、目の検査をして、相談しながら量を調節する。

 

 

ルテインは35mg程度摂っても副作用はないという研究結果もあれば、摂りすぎると皮膚が黄色くなる、歯茎から血が出るなどの過剰症が表れるとも聞きます。ここで言う摂りすぎというのが何mgなのかは人によるということなのでしょうが、少なくとも そんなに簡単に過剰症が出る栄養素ではないということだけ覚えておいて欲しいと思います。

 

 

治療にはある程度の量のルテインが必要ということ、品質において信頼出来るものが良いということを踏まえ、人気があるのがドクターズチョイスのルテインサプリメントのようです。

 

 

一錠20mgものルテインが入っており、天然の原料で、人の体によく吸収される形で生成されるフローラグロー製法にこだわったサプリメントで、品質については間違いないものだと思います。 一日量が二錠目安となっていますから、必要な方は一日に40mgものルテインを摂取出来ることになります。

 

過剰症が心配な方や、これと言って目立った症状がなく、予防の意味合いが強い方は一日一錠で飲めば、それだけ長く使えるのでお徳です。

 

また、ルテインと並んで黄班部に分布するゼアキサンチンという栄養素(ルテインの形が変わったもののようです)も一錠当たり1mg含んでいるので、更に予防・治療効果が期待出来ます。

 

加えて、このルテインサプリメントを販売しているビューティー&ヘルスリサーチ社は白内障の治療効果のあるという「CAN-C」という点眼薬や、目に良いとされる成分を詰め込んだ、バランス重視の「アイクリアEX」というサプリメントも紹介しているので、ご自分の状況に合わせて適当なものを選ぶと良いでしょう。

 

さてここでは、特に加齢黄班変性の話題に絞り、その治療や予防にはルテインが効果的だというお話をしてきました。 ルテインはまだまだ研究の途中のようですが、目の健康全般に効果があると注目されている成分です。是非、目に何か不安があるのなら、一度よく吟味して試してみてください。

ルテインsap