黄斑変性症と失明

ルテインsap


黄斑変性症と失明

日本においてもいくつか失明につながる眼病があります。
そしてその中でも加齢黄斑変性症というものがあります。
加齢黄斑変性症というのは、黄班の下に位置している血管に存在している脈絡膜という部位に新生血管が発生します。
それが原因となっているんですよ。

 

新生血管というものは眼球内にある保護成分の減少、活性酸素の増加、酸欠状態によって細胞に十分な栄養素と酸素を送るうえで発生するものです。
しかし、この血管というのは非常にもろいために簡単に壊れてしまうのです。

 

その壊れる時に血液が漏れだすことによって、網膜の下部分で内出血を起こすようになって、血液が溜まった部分だけ黄斑の形が変化して黄斑変性症を発症してしまうようになるのです。

 

加齢黄斑変性症を発症した場合には視界の中心部分がゆがみ、症状が進行した場合には暗点して映像がしっかりと映らなくなってしまうのです。
このように新生血管が関係し、発症をすると黄斑の疾患ということもあるのです。

 

この黄斑変性症というのは簡単には治療をすることができませんので、普段の生活の中で黄斑変性症を予防、改善をすることができるようにルテインなどを普段からサプリメントとして摂取するということが重要になるんですよ。

 

黄斑変性症と治療方法

加齢黄斑変性の治療方法というのは加齢黄斑変性の種類によってそれぞれ異なります。
網膜の色素上皮部分が萎縮することで発症している萎縮タイプの加齢黄斑変性の場合、有効な治療方法というのは見つかっていません。

 

しかし、毛細血管の異常によって滲出タイプの加齢黄斑変性症を発症することもあります。
この場合には治療方法がありますので、加齢黄斑変性の進行具合にしっかりと合わせた状態で治療を行うようにしなければなりません。

 

光線力学的療法というものもあります。
これは弱い出力のレーザーを、直接病変部位に対して当てることで治療します。
3ヶ月ごとに定期的に再治療の有無について判断をしなければなりません。

 

また、薬物治療も行われます。
血管内の細胞をコントロールする事によって新生血管の生成を抑止する、という治療法です。
ルセンティスなどの薬物を4週間ごとに直接注射をすることになります。

 

そしてレーザー凝固です。
黄班部分から新生血管が剥離をしてしまっているような場合にはレーザーを病変部分に直接照射することで新生血管を消滅させ治療をすることができます。
そうすれば、より効率よく黄斑変性症を治療することができるようになりますよ。

ルテインsap