黄斑変性症と飛蚊症について

ルテインsap


黄斑変性症と飛蚊症について

 

黄斑変性症といえば目の病気としてよく知られていますよね。
しかし、黄斑変性症だけでなく飛蚊症という病気に悩まれている方も多いようです。

 

まず、飛蚊症というのは払えないゴミがいつまでも視界に映り込む病気になります。
飛蚊症というのは目の前を黒くて小さなゴミ、虫が飛んでいるように見えてしまったり、蚊が飛んでいるように見えることもあります。

 

また、白い霧が視界全体を覆っているように見えることもあります。
最初はゴミを払いのけようとするのですが、これは実際にゴミが浮遊しているわけではありません。

 

飛蚊症は眼精疾患ですので、取り除くことは簡単ではありません。
中高年なら気にしないようにできたとしても、子供のうちに飛蚊症を発症するとストレスや神経質になってしまうことがありますので、早期発見や早期治療が重要になるのです。

 

飛蚊症は、眼球のレンズの役割をしている硝子体の中に濁りがあって、その濁りの陰の部分が視野に映って見えるのです。
そのため、ゴミや蚊が飛んでいるように見えるのです。

 

加齢や生理的なことが原因で発症することが非常に多いのですが、場合によってはその他の眼精疾患の初期症状として飛蚊症を発症することも少なくありません。

 

飛蚊症を発症した時には何らかの眼精疾患を発症している可能性がありますので、まずは検査を受けてみるようにしましょう。

 

黄斑変性症も飛蚊症も危険!

黄斑変性症というのは近年になって発症する方が非常に多くなっています。
それと同じように飛蚊症を発症する方も多いのです。

 

この飛蚊症というのはいくつかの原因が考えられます。
例えば、加齢です。
加齢が原因となっている飛蚊症というのは生活において支障を来さないのであれば治療の必要性はありません。
そのため、基本的には経過観察をしていれば問題はありません。

 

また、先天的なものもあります。
生まれた時から硝子体が濁っており、飛蚊症を発症することもあります。

 

これは胎児だった場合に眼機能の成長が遅れることによって、生まれた時にはクリアだった硝子体が濁るようになります。
この場合にも生活に特に支障がない場合には経過観察となります。
しかし、低年齢の子供であれば精神的なストレスになってしまうこともありますので、カウンセリング等が必要不可欠になります。

 

後部硝子体剥離も飛蚊症の原因となります。
加齢や強度の近視が原因となっている後部硝子体剥離というものが飛蚊症を引き起こしてしまうこともあります。
これは心配の必要がないこともありますし、網膜裂孔を引き起こすこともありますので場合によっては手術を行わなければならないこともあります。

 

黄斑変性症も飛蚊症も場合によっては危険なこともありますので、異変があるのであればすぐに病院に行ってみましょう。

ルテインsap