黄斑変性症と老眼

ルテインsap


黄斑変性症と老眼

老眼の症状というのはどのようなものがあるのでしょうか。
老眼は年齢とともに誰にでも発症します。
早い人であれば40代ですでに老眼の症状が出ることもあります。

 

まず、老眼の症状としてはこれまでは普通に見えていたものが見えにくくなる、ということが挙げられます。
パソコン、本などこれまでは意識せずとも読むことができていた文字が見えづらくなるようになります。
30センチを目安として、その距離でものをしっかりと見ることができなくなった場合には老眼の可能性があります。

 

30センチ以内でも細かい文字をハッキリと読むことができるのであれば問題ないのですが、30センチ異常離さなければ見えづらい場合には老眼である可能性があります。
また、眼精疲労になりやすくなった場合にも老眼である可能性があります。

 

今までよりも目が疲れた…
そのように感じる場合にも老眼の兆候が出ていると考えて良いでしょう。

 

肩凝りや頭痛など眼精疲労が原因となって発症する症状が以前よりもひどくなった…
そのような場合には老眼の可能性がありますので注意しなければなりません。

 

ただし、老眼ではなく黄斑変性症を発症している可能性もあります。
そのため、目に異常が出ている場合には黄斑変性症を発症している可能性もありますので十分に注意するようにしてください。

 

老眼の検査と黄斑変性症

 

老眼というのは年齢を重ねれば誰もが発症する可能性のあるものです。
加齢が原因で起きる老眼なのですが、加齢とは一切関係ない20代、30代であっても老眼と同じような症状を発症することもあります。

 

その場合にはもしかするとパソコンワーク、デスクワークによって目を酷使していることで眼精疲労、視力低下といった症状を引き起こすようになります。
できるだけ目を疲れさせないように普段から意識をするようにしたり、休憩をとるようにして眼精疲労に効果的な目薬などを使用して目の疲れを解消するようにしなければなりません。

 

40代以上でこういった症状が出ているのであれば老眼である可能性がありますのでできるだけ早い段階で老眼のチェックをするようにしなければなりません。
老眼かどうかというのは眼科で検査をすることも可能です。

 

老眼と同じような症状が現れる遠視か、そして加齢によって起こる老眼なのかというのは検査をすれば判断することができます。
そのため、自己判断することなく眼科に診察をしてもらうようにしなければなりません。

 

また、老眼と思っていても実は黄斑変性症であることもありますので、普段からしっかりと症状の予防を考えるようにしてみましょう。

ルテインsap