黄斑変性症と白内障

ルテイン


黄斑変性症と白内障

 

白内障というのは水晶体が白く濁るようになります。
眼球のレンズ部分として重要な役割をしている水晶体が白く濁ってしまうこともあります。
この水晶体の中に存在しているαクリスタリン蛋白ですが、このタンパク質が変化することで濁っている蛋白が増えていくようになります。
これが白内障の主な原因となっているのです。

 

では、白内障を引き起こす要因というのはどのようなものがあるのでしょうか。
どうして白内障を引き起こしているのか、といえばいろいろな原因があります。
加齢とともに発症率がどんどん増加する白内障なのですが、生まれた時にはすでに水晶体が濁っている、ということもあります。

 

さらに若いうちから白内障を発症している場合には、栄養失調、アトピー性皮膚炎などの白内障を引き起こすこともあるのです。
生活習慣病の一つでもある糖尿病というのも白内障のリスクが高まってしまいますので注意しなければなりませんよ。

 

若い頃から糖尿病になる人というのはそこまで多くはありませんが、生活習慣病が気になっている年齢になれば白内障のリスクもしっかりと考慮したうえで糖尿病を予防するようにしなければなりませんよ。

 

黄斑変性症だけでなく白内障も発症リスクは高いですので、予防するように心がけてくださいね。

ルテイン