ゼアキサンチンの効果効能

ルテイン


ゼアキサンチンの効果効能

 

ルテイン、ゼアキサンチンというのは野菜に多く含まれている色素成分カロテノイドの一種です。
ルテインとゼアキサンチンというのは構造が非常に良く似ていて、体内においては網膜のう黄斑部に非常に多く存在しているのです。

 

ルテイン、ゼアキサンチンは目の網膜部分における黄班部が、太陽光線であったり加齢によって酸化をして視力低下、黄斑変性症を発症するのを防ぐ働きがあります。
さらにルテインやゼアキサンチンというのは白内障に対しても効果があるといわれているのです。

 

ルテインはホウレンソウ、ケールといった濃いみどり色の野菜に多く含まれている黄色い色素です。
そしてゼアキサンチンという成分は、とうもろこしや卵黄に特に多く含まれています。

 

黄班変性は日本においてはそこまで多くは見られておらず、欧米の高齢者に非常に多い病気でした。
しかし食生活が欧米化したことによって日本人の患者も増加しているのです。

 

ルテイン、ゼアキサンチンは強い抗酸化作用を持っていますので、黄班部分が活性酸素によって酸化してしまうのを防ぐことができるのです。

 

ルテインやゼアキサンチンはしっかりと普段から摂取することが大切なのです。
是非しっかりと摂取するように心がけてみましょう。

ルテイン