ゼアキサンチンの効果効能

ルテインsap


ゼアキサンチンの効果効能

 

ルテイン、ゼアキサンチンというのは野菜に多く含まれている色素成分カロテノイドの一種です。
ルテインとゼアキサンチンというのは構造が非常に良く似ていて、体内においては網膜のう黄斑部に非常に多く存在しているのです。

 

ルテイン、ゼアキサンチンは目の網膜部分における黄班部が、太陽光線であったり加齢によって酸化をして視力低下、黄斑変性症を発症するのを防ぐ働きがあります。
さらにルテインやゼアキサンチンというのは白内障に対しても効果があるといわれているのです。

 

ルテインはホウレンソウ、ケールといった濃いみどり色の野菜に多く含まれている黄色い色素です。
そしてゼアキサンチンという成分は、とうもろこしや卵黄に特に多く含まれています。

 

黄班変性は日本においてはそこまで多くは見られておらず、欧米の高齢者に非常に多い病気でした。
しかし食生活が欧米化したことによって日本人の患者も増加しているのです。

 

ルテイン、ゼアキサンチンは強い抗酸化作用を持っていますので、黄班部分が活性酸素によって酸化してしまうのを防ぐことができるのです。

 

ルテインやゼアキサンチンはしっかりと普段から摂取することが大切なのです。
是非しっかりと摂取するように心がけてみましょう。

 

 

ゼアキサンチンと活性酸素対策

 

目の疲れというのは、目の痛み、かすみ、肩こりといったものを発症する原因となります。
そういった疲労などが老眼を促進してしまい、白内障発症の原因となってしまうのです。

 

そのためにはできるだけ目を疲れさせないことが何よりも重要ですし、そして疲労をしたらしっかりと休ませることも欠かせません。
それらが白内障の予防や対策に直接結びつくと考えて良いでしょう。
現代ではパソコンがゲームを使用する頻度が圧倒的に多くなっていますので、白内障を発症している年齢層が若年化していると考えられています。

 

そこで白内障の予防の一つとしてパソコン、ゲームといったものを使用する時間を短くすることが大切です。
また、サプリメントを摂取するのも良いでしょう。

 

紫外線の影響で作られた活性酸素というのは水晶体のタンパク質を変化させます。
そして水晶体を白く濁らせていくのです。

 

そこで、ゼアキサンチンやビタミンB2、ビタミンCといったものを積極的に摂取することによって、白内障の予防や対策に繋がるようになるのです。
これらは食品からも摂取することはもちろん可能なのですが、サプリメントを使用することによってより効率よく吸収することができますので是非試してみてください。

 

 

ゼアキサンチンって一体なに?

 

ゼアキサンチンというのはカロテノイドの一種です。
このゼアキサンチンにおいての効能というのは、白内障予防、黄斑変性症予防といったものになります。

 

ゼアキサンチンはルテインとよく似た働きをするのですが、目の黄斑部に作用します。
そして活性酸素を無害な状態に変化させて、白内障などの眼病予防に効果的なのです。

 

目の活性酸素が作られる原因ですが、普段から光を通して色彩を感じ取っています。
しかし、光を目に入れるということは同時に活性酸素を発生させているのです。

 

この活性酸素は大量に発生すると白内障や目の充血、異物感といった様々な眼病やトラブルの原因となるのです。
とくに活性酸素が作られてしまう原因は、テレビ、パソコンなどによるブルーライトが原因とされています。

 

これらが原因で活性酸素を多く発生させているのです。
そこで抗酸化作用の非常に高いゼアキサンチンが眼病を予防してくれるのです。

 

私達の目というのは常にゼアキサンチンやルティンによってしっかりと保護されているのですが、強力な抗酸化作用があるゼアキサンチンなどがなくなると紫外線等の影響を直接受けてしまうことになるのです。

 

そのため、普段からゼアキサンチンやルティンを補充しておくようにすべきなのです。

ルテインsap