加齢黄班変性

ルテイン


加齢黄班変性の治療とルテイン

 

加齢黄班変性の治療法としては、眼球に注射することで新生血管を縮めて進行を遅らせたり、部位によってはレーザーで網膜ごと焼き切るなどの方法がとられています。 ですが、 これらの治療法が効果的なものとなるかどうかは、実際に試さなくてはわからない面があります。

 

レーザーで焼き切る場合などは必然的に視野の一部がなくなることを覚悟することになりますし、注射も非常に高額な治療費がかかるというデメリットを抱えています。

だからこそ、 ルテインを補うことが加齢黄班変性の予防や治療に役立てられることは、高く注目されるようになっている訳です。

 

ルテインの効果的摂取法

 

ルテインは私達の身体の中でも生成されている成分ですが、食品など外から摂取することも可能です。 ケールやほうれん草などには、特にルテインが多く含まれていると言われています。

 

食生活の中にこういった食品を意識的に取り入れていくのも、予防をする上では大切なポイントとなるでしょう。 ただ正直なところ、どんな食品からも摂取できる栄養素には限界があります。 予防や治療に役立てられる程に十分なルテインを摂取するためには、やはりサプリメントなどを活用するのが有効的と言えます。

 

ルテインは1日に6mg〜10mg摂取することがひとつの目安とされています。 ただ、予防だけではなく治療を視野に入れて摂取したい場合は、更なるルテインが必要になることが考えられます。

また予防をする意味でも、どのくらいが必ずしもベストな量なのかということは、個人差も生じることですので断言することはできません。 出来れば、 医師の指導を仰ぎながら、自分の目に必要と思われる量を調整することが理想的と言えるでしょう。

ですがこれが不可能な場合には、信頼できる販売元のサプリメントに記されている量を参考にすることができます。 例えば、品質の良さで人気のあるドクターズチョイスのルテインサプリメントの場合は、1錠に20mg配合となっています。1日に2錠摂取することが目安とされていますので、 症状が気になる方は2錠40mgを飲んでみても良いのではないでしょうか。

 

量に対する不安がある方や単純に予防したいだけの方の場合は、1日1錠で留めておくのも良いかと思います。予防の意味合いでも、日頃からとにかく目を酷使してばかりだから2錠は必要などと思えば、それも良い選択と言えるでしょう。

 

ただし、これはどんなサプリメントにも言えることですが、 目安となっている量を大幅に上回るような摂取を個人判断ですることだけは避けてください。 過剰摂取は、副作用がないと言われている製品でも、思わぬ副作用が出てしまう原因にもつながります。

 

サプリメントは少しの量でも『継続していくこと』が効果を実感につなげる上で重要となる製品です。 ルテインサプリメントも、無理せず安心して続けられる量を守って摂取してください。

 

次のページ

ルテイン