ルテインの効果とは

ルテイン


ルテインの効果とは

 

ルテインとは強力な抗酸化作用を持つカロテノイドという物質の1種です。目の網膜の保護や治癒に有益な色素成分です。通常人間の網膜は目に入ってきた光を脳へと伝える役割を果たしています。目を開けていれば絶えず光は入ってきますので、それだけ網膜の負担は大きいといえます。ルテインはその網膜を強力な光から保護したり、各種眼病から守ってくれる働きをしています。また目の奥の水晶体が正常に機能する働きを助ける効果もあります。さらに眼精疲労からくる肩こりや全身の倦怠感の緩和にも効果を発揮することから、体内には欠かせない大切な成分といえます。体内からルテインが不足すると、様々な眼病の原因へとつながると言われています。網膜とルテインを多く含む食べ物としてはブルーベリーやカシスなどのフルーツや、ほうれん草などの緑黄色野菜が知られています。また青汁の材料としても有名なケールにも豊富に含まれています。ルティンは体内で合成することのできない成分のため意識して摂る必要があります。また油と一緒に吸収するとその作用は弱まるため、できるだけ素材そのものを味わう方法で摂取するのが望ましいといえます。最近では手軽に補えるサプリメントも多数出ていますので、それらを活用するのも良い方法です。

ルテイン