ルテインの副作用

ルテインsap


ルテインの副作用

 

ルテインは、抗酸化作用を持つ「カロテノイド」という野菜や果物、海草などの食品に含まれる天然に存在する色素の一種です。

 

白内障や緑内障、また黄斑変性や飛蚊症の予防や改善といった目の健康の維持には欠かせない栄養素であり、目の健康補助食品・サプリメントとして注目されています。

 

また老化防止への効果も期待されている成分でもあります。そんな魅力的な効能を持ち合わせていますが、ここではその副作用についてお話したいと思います。

 

まず最初にルテインには 天然と合成の2種類があります。天然の方は天然の素材であるマリーゴールドというオレンジ色の花から抽出しています。マリーゴールドは、ルテインの含有率が高く、また農薬の害がない安全な原料として利用されています。副作用の報告がなされているのは後者の合成の方です。

 

石油を原料にして化学的に合成されていますが摂取すると目のかゆみや腫れ、咳や喘息、その他、胸焼けなどの症状がでる可能性があると言われています。また、飲酒、喫煙者が摂取すると、副作用が発生する確率が高まり、また喫煙者が摂取すると肺ガンのリスクも高くなるという報告があります。ルテインのサプリメントを購入する際は天然の方を選ぶようにすることが大切です。

 

ルティンの摂取量の目安

 

ルテインの効果的な摂取量というのはどの程度なのでしょうか?
ルテインというのは目の網膜や乳房といった部位に存在している成分になります。
そしてこのルティンは使用すればどんどん減少してしまう消耗品なのです。

 

そのため、ルテイン不足を防ぐためには食品やサプリメントを利用して積極的に摂取するようにしなければならないのです。
ルテインの1日の摂取量というのは6ミリグラムから10ミリグラムだといわれています。
しかし、白内障などの眼病を改善させるためには最低でも20ミリグラムは摂取するのが理想的だとされています。

 

ルテインは、食材の中ではほうれん草やケールといった緑黄色野菜に最も多く含まれています。
また、ルテインをはじめとしたカロテノイドというのは脂溶性ですので、脂と一緒に摂取する、もしくは食後に摂取するのが最も吸収率が高まります。

 

また、同じカロテノイド成分を摂取することで吸収効率はさらに高くなります。
そのため、目の健康に効果的だとされているブルーベリーやアントシアニン、ビタミンB群といったものを併用することで相乗効果を得ることができ、さらに高い効果を期待することができますよ。

 

ルティンは目を酷使しがちな現代人には欠かせない栄養素なんですよ。

ルテインsap