ルテイン摂取方法

ルテインsap


おすすめのルテイン摂取方法

 

目の健康の為にももっと取るように心がけたいルテインですが、どうやって摂取していけば効果的なのでしょうか。

 

一日の必要量としては大体6〜12mg程度が予防としても効果があります。これぐらいの量であれば普段の食事でケールが約30g、ほうれん草でも約60g程で摂る事が出来るのでおすすめです。ですが、現在は食材そのものに栄養が減ってきている事も挙げられますし、調理中に損失して幾分のことを考えるともう少し摂っていく必要があります。

 

やはり手軽に毎日一定量を摂る為には、サプリメントが生活にも取り入れやすいのでおすすめです。たくさんのルテイン配合のサプリメントがありますが、選ぶ時には天然成分で作られているなど、素材そのものに安心が出来るものを選びましょう。長く続けていくのであれば、品質にも気を使ってみて下さい。

 

ルテインは脂溶性なので飲む時間帯そのものは気にしなくていいのですが、食後に必要量を飲むようにした方が吸収もよくなります。

 

一日に何回か食事をしますから、その都度飲むようにしておけば飲み忘れを防ぐ事も出来ます。基本的にはやはり食べ物から摂るのが理想的なので、色の濃い緑黄色野菜に含まれていますからそれらを積極的に選んで食べていきましょう。

 

ルテインはどんな食品に含まれているのか

 

「ルテイン」とは、カロテノイドという色素成分であり、植物に含まれているものです。目のトラブルの予防に効果的な成分です。ルテインを多く含むものは緑黄色野菜で、中でも色味の濃い野菜が良いです。

 

また、黄色やオレンジ色の野菜にたくさん含まれています。例えば、ほうれん草やカボチャ、ブロッコリー、いんげんです。野菜以外の食品では、豆類や卵黄に多く含まれています。

 

特に多いのはほうれん草で、100gで10.2mgも含まれています。そして、ほうれん草の2倍以上の量が摂取できるのがケールです。

 

ケールはキャベツの一種であり、栄養価の高い野菜です。青汁の代表的な原料のひとつです。ケールは苦味や独特の青臭さがあるので、美味しく加工されている青汁がおすすめです。

 

ケールを使った青汁を飲むと、1杯でルテインが10mgほど摂取できます。1日の推奨摂取量は6mgから10mgなので、青汁1杯で十分な量を取ることができ、手軽に効率良く摂取できます。

 

ルテインは油に溶けやすい成分であるため、油で炒めたり揚げるなどの油を使った調理方法で食べると吸収率が良くなります。体内で作ることができない成分であるため、食品から補う必要があります。

ルテインsap