ルテインサプリって?

ルテインsap


ルテインサプリって?

 

失明の危険性もある緑内障ですが、緑内障によって見えなくなった部分を回復する、というのは非常に困難です。
なによりも緑内障の進行を食い止めることが重要なのです。

 

病院の治療はもちろん、生活習慣によっても緑内障を改善する、というのは可能なのです。
緑内障に効果のある栄養素を摂取することで目を健康的な状態に保ち、緑内障の症状改善をしなければなりません。

 

そしてこの緑内障に対してルテインが効果的だといわれています。
緑内障に効果的とされる栄養素はいくつもありますが、最も有名なものとされているのがルテインです。

 

カロテノイドという色素の一種でもあるルテインですが、網膜、子宮頸部、乳房に存在しており、加齢によって少しずつ減少していきます。
体内においては生成されていない成分ですので、体外から摂取する、ということが非常に重要になるのです。

 

もともとは黄斑変性症のような目の健康維持において欠かすことができないルテインですが、抗酸化作用が強いのです。
紫外線や疲労が原因で目がダメージを受けると活性酸素が発生してしまいます。

 

活性酸素が発生すると、目の毛細血管であったり動脈を酸化させてしまうのです。
ルテインは黄斑部や水晶体に集中しており、活性酸素から守ってくれるようになるのです。

 

 

ルテインと色素の関係

 

人の体内では目や脳、肌などに存在し、強力な抗酸化作用で病気や老化から体を守ってくれる成分であるルテイン。

 

これはほうれん草やかぼちゃなどの緑黄色野菜や、マリーゴールドの花びらなどに含まれるカロテノイドと呼ばれる色素の一種です。

 

カロテノイドには多くの種類がありますが、いずれも抗酸化作用が高いのが特徴です。

 

植物は常に日光を浴びていますが、これは常に紫外線にさらされているということでもあります。

 

紫外線によって活性酸素が発生するのは植物も同じで、植物は活性酸素の害から自分の身を守るためにカロテノイドを生成します。その抗酸化作用は、人の体内においても有効に働きます。

 

カロテノイドにはさまざまな色がありますが、ルテインの色は黄色です。

 

マリーゴールドの花の色がまさにそのものですが、ほうれん草などの野菜では緑色に見えているのは、クロロフィルという葉緑素と一緒に含まれているからです。

 

クロロフィルが表面を覆っているため、緑色に見えるというわけです。この緑色が濃い野菜ほど、クロロフィルとルテインの両方の濃度が高いと考えられています。

 

同じカロテノイドの中でもやはり黄色の色素であるゼアキサンチン、ブルーベリーに含まれる紫色のアントシアニンとは相性がよく、一緒に摂ると相乗効果が期待できます。

ルテインsap