ルテインと食品

ルテイン


ルテインと食品

 

 

ルテインと食品の関係によって興味深い報告があります。
普段からホウレン草を多く摂取している人というのは白内障などの発症率が低いとも言われているのです。

 

このようなほうれん草などの緑黄色野菜を食べている人というのは白内障の発症率が非常に低いのです。
ルテインと食品の関係を見るとわかるのですが、このルテインはなによりも緑黄色野菜に多く含まれているからなのです。

 

100gあたりの含有量に関していえば、青汁などに多く使用されているケールになります。
しかし、キャベツの原種であるケールというのは非常に苦味が強いために料理として使用するにはあまりおすすめできません。

 

そのため、ケールを使用しているのは加工された状態になります。
加工されたうえで販売されているのです。

 

普段の食生活の中においてルテインを含んでいる食材をあげるのであれば、やはり緑黄色野菜になります。
ホウレン草だけでなくブロッコリー、さらにやレタスや豆類にも含まれているのです。

 

脂溶性成分であるルテインを食品から摂取するのであれば、油を使用して調理するのであれば効果的に体内に吸収されるようになりますよ。

 

普段の生活の中で、どのようにルテインを上手に摂取するのか、ということを覚えておいてくださいね。

ルテイン