ルテインと認知症の関係

ルテインsap


脳にも有効?ルテインと認知症の関係

 

ルテインとは、緑黄色野菜などに含まれているカロテノイドと呼ばれる成分の一種です。天然のサングラスと言う呼ばれ方がされることもあり、非常に光に対しての防御力が強いことで知られています。

 

そのため、目の健康維持には非常に効果が高い成分とされています。またルテインには、抗酸化作用が強いと言う性質もあります。体内の細胞は酸化することで疲労や老化するのですが、抗酸化作用はこれを防ぐ働きをしてくれます。

 

ですから、目の老化や疲れを防止することにも一役買ってくれるわけですが、最近では、この抗酸化作用が認知症の予防にもつながるのではないかと言う研究発表が、東北大学の研究チームによって発表され注目を集めました。研究では、アルツハイマー型認知症の人の血中には、老化した赤血球が通常の人よりも多く存在していると指摘し、そのために、脳が慢性的な酸素不足に陥っており認知機能にも影響が出ているとしています。

 

そして、この赤血球の老化を防ぐにはルテインの抗酸化作用が非常に役立つとし、実際に健康な男女計6人に対し、これが含まれた錠剤を4週間にわたり飲んでもらうと言う実験を行いました。その結果、赤血球の老化を示す過酸化リン脂質の値は、実験前の3分の1にまで減少していたのです。

 

このことから、ルテインが認知症の予防に役立つ、あるいはその進行速度を遅らせることに効果があるとしています。

 

ルテインの効果といえばどんなもの?

 

 

ルテインとは、カルテノイドの一種です。
カルテノイドとはいってもどのようなものなのか、というのはイマイチピンとこないものですよね。

 

このカルテノイドというのは体内において非常に強力な抗酸化作用を発揮してくれる成分になるのです。
その強力な抗酸化作用によって人体において有害な活性酸素を除去することができるのです。
動脈硬化などといった生活習慣病を予防することができるようになり、がん予防を期待することもできるのです。

 

緑黄色野菜に多く含まれているこのルテインですが、乳房や子宮頸部に多い成分だということが知られているのです。
人が生きていくためには、眼から得ている情報というのは非常に多いです。

 

その眼に存在しているカルテノイドというのは、ルテインとゼアキサンチンになります。
眼の機能を正常な状態に保つためには欠かせない成分なのです。

 

人が物を見る時にレンズの役割をしているのは水晶体は、外部からの光を受け止めて網膜にその映像を写しだしています。
その網膜の中心部に存在している黄斑部というのは物を見る時には非常に大切な部分なんですよ。

 

この部分に存在しているカロテノイドというのはルテインとゼアキサンチンだけです。
これらが水晶体と黄斑部が酸化してしまうのを防いでくれているんですよ。

ルテインsap