ルテイン摂取で視力が回復?

ルテインsap


ルテイン摂取で視力が回復?

 

ご家庭でできる視力回復の方法には様々なものがあります。目のストレッチを行ったりツボを押したり、ピンホールメガネのようなグッズもあります。また、視力回復本も売られており、自分の目的に合ったものを利用することができます。

 

目の健康のために、ルテインのサプリメントを摂取する人も多いようですが、ルテインは加齢によって目の中で活性酸素が発生し、それにより酸化して目が悪くなっている場合に有効です。ルテインは元々目の中に存在するものですが、加齢とともに減少して機能を維持することが難しくなります。

 

全てのケースに効くわけではなく、近視のように屈折の問題が生じている場合には効果はあまり期待できません。ただし、近視になると目の使い方に歪みが出てきて、疲れ目に悩まされるようになりますので、疲れ目の解消という意味では効果的です。
屈折の問題でなく、網膜や視神経からくる不調の場合には解消できる可能性が高くなります。これはルテインの抗酸化作用による働きのおかげであり、年齢を重ねた人ほど摂取した方が良い栄養素です。
眼精疲労が酷い人や、最近まで視力に問題がなかったのに急に悪くなったという人は、目のストレッチなどと一緒に取り入れることが有効です。

 

 

 

ルテインサプリと乳がん

 

日本人女性の16人に1人が乳がんを発症するといわれています。
乳がん初期であれば乳房を切除することで再発の危険性はなくなります。

 

そのため、治療は基本的には乳房全摘出、細胞周辺の摘出手術が基本になります。
自分の命を守るためだとしてもその決断をするというのは非常に辛いものです。

 

乳がんが増えてきた背景というのは、やはり食の欧米化というものが深く関係しているのです。
乳がん発症率と深く関係してくる食材というのは肉や乳製品です。

 

本来、日本人は魚食民族ですので肉食の文化にはあまり適していないのです。
しかし、戦後から食生活が大幅に変化し、同時に乳がん患者も増加していったのです。

 

その他に乳がん発症率が高くなっている原因というのは女性の出生率の低下です。
妊娠期、授乳期というのは補正ホルモンの分泌量が低下します。

 

しかし、出産率が下がったことによって女性ホルモンの分泌される期間が少しずつ長くなっており、それが発症リスクが高くなっているのです。
このような女性特有のガンに効果的とされているのがルテインなのです。

 

ルテインは目に良いサプリメントだと思われがちですが、子宮内膜にも存在している成分で、ルテインを摂取することによって乳腺上皮のがん細胞に抗がん作用を持つことがわかっているんですよ。

 

 

ルテインsap