ゼアキサンチン

ルテイン


ゼアキサンチンって一体なに?

 

ゼアキサンチンというのはカロテノイドの一種です。
このゼアキサンチンにおいての効能というのは、白内障予防、黄斑変性症予防といったものになります。

 

ゼアキサンチンはルテインとよく似た働きをするのですが、目の黄斑部に作用します。
そして活性酸素を無害な状態に変化させて、白内障などの眼病予防に効果的なのです。

 

目の活性酸素が作られる原因ですが、普段から光を通して色彩を感じ取っています。
しかし、光を目に入れるということは同時に活性酸素を発生させているのです。

 

この活性酸素は大量に発生すると白内障や目の充血、異物感といった様々な眼病やトラブルの原因となるのです。
とくに活性酸素が作られてしまう原因は、テレビ、パソコンなどによるブルーライトが原因とされています。

 

これらが原因で活性酸素を多く発生させているのです。
そこで抗酸化作用の非常に高いゼアキサンチンが眼病を予防してくれるのです。

 

私達の目というのは常にゼアキサンチンやルティンによってしっかりと保護されているのですが、強力な抗酸化作用があるゼアキサンチンなどがなくなると紫外線等の影響を直接受けてしまうことになるのです。

 

そのため、普段からゼアキサンチンやルティンを補充しておくようにすべきなのです。

ルテイン