ルテインの安全性

ルテインsap


ルテインの安全性

 

パソコンやゲーム、テレビ等の画面からの光や紫外線は目に強い刺激を与えます。パソコン等の画面から出ている青い光や紫外線の光を吸収、遮断することで目を守る役割を果たしているのは瞳の中の水晶体等に多く含まれているルテインという栄養素です。

 

ルテインには光を遮断する働きの他、抗酸化作用により目を病気から守る大切な働きもしています。これは体内で生成することが不可能で外から摂取する必要があります。摂取しないと徐々に減少して不足していき、白内障等の発症する原因になる場合があります。

 

ルテインは、ほうれん草やブロッコリー、ケール等の緑黄色野菜に多く含まれており、毎日200〜300g程度摂取する必要がありますが、難しい場合はサプリメントで補うことが出来ます。

 

現在市販されているサプリメントの成分は、緑黄色野菜よりもルテインが多く含まれているキク科のマリーゴールドから抽出されて作られたものと、化学合成されて作られた成分のものがあります。天然成分であるマリーゴールドから作られたサプリメントは安全性が確認されています。しかし化学合成された成分のサプリメントを服用すると、嘔吐や胸焼け等の症状が起きる場合があります。

 

化学合成のサプリメントの服用と喫煙や飲酒が伴うと発がんの危険性が高まるといわれています。サプリメントは安全性が高い天然成分のものを選び、1日の適量を守って摂取するようにしましょう。

 

ルテインを効果的に吸収する方法

 

目の健康にいいとされているサプリメントと言えば、ブルーベリーとDHAが二枚看板ですが、近年人気が高まっているのがマリゴールドの花から抽出される成分であるルテインです。

 

この成分単独のサプリメントもありますが、目の健康を維持するための成分を複数配合しているタイプのサプリメントの中にも取り入れられているので意識していなくても摂取している人も多いのではないかと思います。

 

ルテインには強力な抗酸化作用があります。活性酸素は全身に有害な効果をもたらしますが、眼球もその例外ではなく、白内障などの老化が原因の病気になるリスクを高めてしまいます。

 

しかし、ルテインは体内に入ると直接網膜などに働きかけてくれることから、老化によって起こる眼病の予防効果があるのです。

 

ルテインを少しでも多く体内に吸収して、その抗酸化作用の恩恵にあずかるためには食事やサプリメントの取り方に、ちょっとした工夫をしてみると大きな違いが表れます。

 

この成分はカロチノイドの仲間なので脂質と一緒に取ることで吸収性が高まります。

 

サプリメントの場合はビルベリーに吸収性を高める作用があるので、これらがセットで配合されている目の健康サポートように作られているルテインサプリメントを服用するようにしましょう。

 

ルテインサプリって?

 

失明の危険性もある緑内障ですが、緑内障によって見えなくなった部分を回復する、というのは非常に困難です。
なによりも緑内障の進行を食い止めることが重要なのです。

 

病院の治療はもちろん、生活習慣によっても緑内障を改善する、というのは可能なのです。
緑内障に効果のある栄養素を摂取することで目を健康的な状態に保ち、緑内障の症状改善をしなければなりません。

 

そしてこの緑内障に対してルテインが効果的だといわれています。
緑内障に効果的とされる栄養素はいくつもありますが、最も有名なものとされているのがルテインです。

 

カロテノイドという色素の一種でもあるルテインですが、網膜、子宮頸部、乳房に存在しており、加齢によって少しずつ減少していきます。
体内においては生成されていない成分ですので、体外から摂取する、ということが非常に重要になるのです。

 

もともとは黄斑変性症のような目の健康維持において欠かすことができないルテインですが、抗酸化作用が強いのです。
紫外線や疲労が原因で目がダメージを受けると活性酸素が発生してしまいます。

 

活性酸素が発生すると、目の毛細血管であったり動脈を酸化させてしまうのです。
ルテインは黄斑部や水晶体に集中しており、活性酸素から守ってくれるようになるのです。

 

 

ルテインと色素の関係

 

人の体内では目や脳、肌などに存在し、強力な抗酸化作用で病気や老化から体を守ってくれる成分であるルテイン。

 

これはほうれん草やかぼちゃなどの緑黄色野菜や、マリーゴールドの花びらなどに含まれるカロテノイドと呼ばれる色素の一種です。

 

カロテノイドには多くの種類がありますが、いずれも抗酸化作用が高いのが特徴です。

 

植物は常に日光を浴びていますが、これは常に紫外線にさらされているということでもあります。

 

紫外線によって活性酸素が発生するのは植物も同じで、植物は活性酸素の害から自分の身を守るためにカロテノイドを生成します。その抗酸化作用は、人の体内においても有効に働きます。

 

カロテノイドにはさまざまな色がありますが、ルテインの色は黄色です。

 

マリーゴールドの花の色がまさにそのものですが、ほうれん草などの野菜では緑色に見えているのは、クロロフィルという葉緑素と一緒に含まれているからです。

 

クロロフィルが表面を覆っているため、緑色に見えるというわけです。この緑色が濃い野菜ほど、クロロフィルとルテインの両方の濃度が高いと考えられています。

 

同じカロテノイドの中でもやはり黄色の色素であるゼアキサンチン、ブルーベリーに含まれる紫色のアントシアニンとは相性がよく、一緒に摂ると相乗効果が期待できます。

ルテインsap