黄斑変性症とビタミン

 

加齢黄斑変性症というのは目の病気です。
ものを見るときに重要な働きをしている黄斑という組織が変形してしまい、視力の低下を引き起こしてしまう病気なのです。
この病気は50歳代からでも増加しはじめるようになり、最近では高齢化が進行していることから患者数が急増しているのです。

 

主な症状としては見ている物が歪んで見えたり、視野の中心が暗くなったり、部位によって欠けてしまうといったものになります。
両目で見ると症状がほとんど気にならないこともありますので、症状が進行してしまってから気付く、という方も少なくないようです。

 

症状が悪化してしまうと、色がわからなくなってしまう色覚異常を発症してしまうこともあります。
検査の方法としては歪みを調べたり、造影剤によって血管の状態をチェックする造影検査といったものが挙げられます。

 

予防するにはビタミン類や亜鉛などを含んでいる食品、緑黄色野菜を取り入れた食事を心がけるようにしてみましょう。
さらに、喫煙しているのであれば非喫煙者よりも加齢黄斑変性症を発症しやすいといわれています。

 

食生活の乱れ、喫煙といった生活習慣をおくっているのであればぜひ生活習慣の改善を意識してみてくださいね。
そうすれば黄斑変性症を予防することができますよ。

 

黄班変性症の予防にルテインサプリ

加齢黄斑変性症って?

 

最近高齢化によって患者数が増加しているのが加齢黄斑変性症になります。
この加齢黄斑変性症というのは60歳から70歳の方に多く見られる病気になります。
男性の発症率が非常に高く、女性の2倍に達するといわれています。

 

この加齢黄斑変性症の具体的な症状としては、中心部分がぼやけることによって視野が狭くなってしまったり、ものが歪んでみえるようになってしまいます。
視力が急に低下したり、部分的に見えづらくなってしまった、というような症状が現れた場合には、検査を受けるようにしてみましょう。

 

通常は両目で物を見ているのですが、気付かないこともありますので、片目ずつで症状をチェックするようにしてみましょう。
眼中にある網膜の出血量が酷いような場合にはこの症状が重く現れてしまうこともあります。

 

詳しい原因はまだ不明ではあるのですが、老化によるものだと考えられているのです。
眼中にある新生血管が破れてしまい出血することによって網膜が浮腫を起こします。
そして視力がひどく低下するようになるのです。

 

黄斑部は紫外線の影響を強く受けていますので、活性酸素が発生しやすくなります。
その結果、視神経の脂肪、タンパク質を酸化させるようになるんですよ。

 

黄斑変性症とその予防

 

加齢黄斑変性症というのは加齢が原因となって目の網膜に存在している黄斑部に変性が起きてしまう疾患になります。
網膜に出来ている新生血管と呼ばれる血管から出血が起きることによって機能障害を引き起こし、黄斑部が変性を引き起こすようになるのです。

 

多くの場合、視界に違和感を感じるようになり、眼科を受診することによって発覚するのです。
視界の歪みや視力の低下といった症状があり、場合によっては失明に至ることもあるのです。

 

この加齢黄斑変性症は原因によっては治療自体が困難になってしまうこともあります。
そのため、予防に力を入れる、ということが非常に重要になるのです。
予防方法ですが、禁煙や食生活の改善などが挙げられます。

 

喫煙をしている加齢黄斑変性症を発症するリスクが高くなる、ということが確認されています。
そのため、喫煙をしているのであればタバコを控えるようにすべきでしょう。

 

2つ目の食生活の改善ですが、ビタミンやミネラルというのは加齢黄斑変性症の発症を抑制する効果があると考えられているのです。
そのため、緑黄色野菜や魚を積極的に摂取するように心がけてみてください。
そうすることでより効率よく黄斑変性症を予防することができますよ。

 

 

黄斑変性症はどうして発症するの?

 

眼球を覆っている網膜の中心部には黄斑という部位があります。
この黄斑というのは網膜の中でも非常に需要な役割を担っている部分になります。
その黄斑は加齢によって障害を来すこともあります。

 

この加齢現象というのは医学的に加齢黄斑変性症と呼ばれるものです。
そして50代以上の中高年を中心として発症しているのです。

 

加齢黄斑変性症を発症してしまうと、目の前にあるものが歪んで見えるようになってしまったり、視野の中心がぼやけてしまうこともあります。
さらに、両目の場合には症状に気付きにくいこともあるのです。

 

症状が進行してしまうと視力が低下したり、色覚異常のような症状を発症するようになるのです。
何もしなければ視力というのはだんだん低下するようになり、あっという間に視力が大幅に低下してしまうようになります。

 

また、加齢黄斑変性症でも症状の現れ方というのは少しずつ異なるようになります。
これは加齢黄斑変性症のうち萎縮型と呼ばれるもので、視野の中心部分の視力がどんどん低下するようになります。

 

加齢黄斑変性症というのは加齢によって症状が進行するようになります。
しかし、最近では若年層にもこの加齢黄斑変性症を発症する方が増えているといわれているのです。