黄斑変性症とルテイン

 

黄斑変性症の治療をしたい!治療はできなくてもせめて進行を食い止めたい!
そのように思われている方にとって、ルテインの摂取というのはかかすことができません。

 

黄斑変性症は名前の通りに網膜と視力の中心部分にある黄斑部が様々な理由によって変形してしまう病気になります。
その大半は加齢が原因だと考えられていますが、黄斑部へのダメージが黄斑変性症の原因となってしまうこともあります。
そして、その黄斑部におけるダメージと非常に深く関係しているもの、それがルテインになります。

 

ルテインは、黄斑部に集中して存在しているのですが、ストレスや疲労によって活性酸素が発生するのですが、この活性酸素から目を守ってくれるのがカルテノイドの一種であるルテインなのです。

 

その特性から黄斑変性症の予防効果が高いといわれているんですよ。
もちろん、すでに黄斑変性症を発症していたとしても、黄斑変性症治療法というのは確立されつつありますので、治療できないわけではありません。

 

ルテインであれば普段からルテインサプリメントを摂取することで黄斑変性症の発症リスクを軽減することができますので、是非試してみてくださいね。
そうすることによって黄斑変性症による症状を軽減、そして緩和をすることができるようになりますので是非覚えておいてください。

黄斑変性症とオメガ3脂肪酸

 

加齢黄斑変性の初期症状というのはどのようなものがあるのでしょうか。
中心視力の悪化であったり、物がゆがんで見える、さらには飛蚊症もあります。

 

初期症状ではまず片目が黄斑変性症になることが最も多いようです。
症状を自覚しにくくて両目に何かしらの症状が出てから気付く、というのが多いようです。

 

加齢黄斑変性が進行して末期にまでなると視野の中心部分に穴が空いているように視力を失うようになるのです。
この症状は高齢者に多く発症しますので、黄斑部の老化現象が原因となっているといわれているのです。

 

この症状は白色人種に多く見られるものなのですが、近年では日本人も患者数が増加しているのです。
食生活を代表としている生活習慣、スマホなどのディスプレイにおける光刺激を受けていることが原因となっているのです。

 

その他にも紫外線や環境悪化、さらには喫煙や栄養状態も黄斑変性症の発症リスクを高めると言われているのです。
ちなみに、オメガ3脂肪酸というのは黄斑変性症の予防効果があるといわれています。

 

オメガ3脂肪酸において黄斑変性症を予防することができると言われていますので、普段からサプリメントからオメガ3脂肪酸を摂取してみてはどうでしょうか。

 

黄斑変性症で失明?

 

黄斑変性症というのは欧米においては後天的失明の原因として最も多いと言われています。
物を見るために最も重要だとされている網膜の黄斑部において異常が起こるものですので、失明することもある病気だといわれています。

 

日本においても、50歳以降の世代に多く発症する加齢性黄斑変性症というものが増加しているのです。
糖尿病や緑内障と同じように視力に障害を残す可能性が非常に高く、十分に注意をしておかなければならない病気です。

 

黄斑変性症には、黄斑部が萎縮変性をするタイプ、そして新生血管が発生するタイプとに分類することができます。

 

この新生血管型はかなり早いスピードで視力が悪くなりますので、加齢性円板状黄斑変性症と言われることもあります。
萎縮型の場合には、網膜の細胞が老化して萎縮することによって発症します。
このタイプの場合には進行が比較的遅く、視力低下、視野の狭窄といったものも時間をかけてゆっくりと進みます。

 

このように黄斑変性症というのは進行の早いものと、進行の遅いものとがありますので、目に異変が出ている場合には少しでも早く専門医に相談をしてみるようにしましょう。
早期治療が非常に重要になりますので、よく覚えておいてくださいね。