黄斑変性症と飛蚊症

ルテインsap


黄斑変性症と飛蚊症について

 

黄斑変性症といえば目の病気としてよく知られていますよね。
しかし、黄斑変性症だけでなく飛蚊症という病気に悩まれている方も多いようです。

 

まず、飛蚊症というのは払えないゴミがいつまでも視界に映り込む病気になります。
飛蚊症というのは目の前を黒くて小さなゴミ、虫が飛んでいるように見えてしまったり、蚊が飛んでいるように見えることもあります。

 

また、白い霧が視界全体を覆っているように見えることもあります。
最初はゴミを払いのけようとするのですが、これは実際にゴミが浮遊しているわけではありません。

 

飛蚊症は眼精疾患ですので、取り除くことは簡単ではありません。
中高年なら気にしないようにできたとしても、子供のうちに飛蚊症を発症するとストレスや神経質になってしまうことがありますので、早期発見や早期治療が重要になるのです。

 

飛蚊症は、眼球のレンズの役割をしている硝子体の中に濁りがあって、その濁りの陰の部分が視野に映って見えるのです。
そのため、ゴミや蚊が飛んでいるように見えるのです。

 

加齢や生理的なことが原因で発症することが非常に多いのですが、場合によってはその他の眼精疾患の初期症状として飛蚊症を発症することも少なくありません。

 

飛蚊症を発症した時には何らかの眼精疾患を発症している可能性がありますので、まずは検査を受けてみるようにしましょう。

 

黄斑変性症も飛蚊症も危険!

黄斑変性症というのは近年になって発症する方が非常に多くなっています。
それと同じように飛蚊症を発症する方も多いのです。

 

この飛蚊症というのはいくつかの原因が考えられます。
例えば、加齢です。
加齢が原因となっている飛蚊症というのは生活において支障を来さないのであれば治療の必要性はありません。
そのため、基本的には経過観察をしていれば問題はありません。

 

また、先天的なものもあります。
生まれた時から硝子体が濁っており、飛蚊症を発症することもあります。

 

これは胎児だった場合に眼機能の成長が遅れることによって、生まれた時にはクリアだった硝子体が濁るようになります。
この場合にも生活に特に支障がない場合には経過観察となります。
しかし、低年齢の子供であれば精神的なストレスになってしまうこともありますので、カウンセリング等が必要不可欠になります。

 

後部硝子体剥離も飛蚊症の原因となります。
加齢や強度の近視が原因となっている後部硝子体剥離というものが飛蚊症を引き起こしてしまうこともあります。
これは心配の必要がないこともありますし、網膜裂孔を引き起こすこともありますので場合によっては手術を行わなければならないこともあります。

 

黄斑変性症も飛蚊症も場合によっては危険なこともありますので、異変があるのであればすぐに病院に行ってみましょう。

 

黄斑変性症と老眼

老眼の症状というのはどのようなものがあるのでしょうか。
老眼は年齢とともに誰にでも発症します。
早い人であれば40代ですでに老眼の症状が出ることもあります。

 

まず、老眼の症状としてはこれまでは普通に見えていたものが見えにくくなる、ということが挙げられます。
パソコン、本などこれまでは意識せずとも読むことができていた文字が見えづらくなるようになります。
30センチを目安として、その距離でものをしっかりと見ることができなくなった場合には老眼の可能性があります。

 

30センチ以内でも細かい文字をハッキリと読むことができるのであれば問題ないのですが、30センチ異常離さなければ見えづらい場合には老眼である可能性があります。
また、眼精疲労になりやすくなった場合にも老眼である可能性があります。

 

今までよりも目が疲れた…
そのように感じる場合にも老眼の兆候が出ていると考えて良いでしょう。

 

肩凝りや頭痛など眼精疲労が原因となって発症する症状が以前よりもひどくなった…
そのような場合には老眼の可能性がありますので注意しなければなりません。

 

ただし、老眼ではなく黄斑変性症を発症している可能性もあります。
そのため、目に異常が出ている場合には黄斑変性症を発症している可能性もありますので十分に注意するようにしてください。

 

老眼の検査と黄斑変性症

 

老眼というのは年齢を重ねれば誰もが発症する可能性のあるものです。
加齢が原因で起きる老眼なのですが、加齢とは一切関係ない20代、30代であっても老眼と同じような症状を発症することもあります。

 

その場合にはもしかするとパソコンワーク、デスクワークによって目を酷使していることで眼精疲労、視力低下といった症状を引き起こすようになります。
できるだけ目を疲れさせないように普段から意識をするようにしたり、休憩をとるようにして眼精疲労に効果的な目薬などを使用して目の疲れを解消するようにしなければなりません。

 

40代以上でこういった症状が出ているのであれば老眼である可能性がありますのでできるだけ早い段階で老眼のチェックをするようにしなければなりません。
老眼かどうかというのは眼科で検査をすることも可能です。

 

老眼と同じような症状が現れる遠視か、そして加齢によって起こる老眼なのかというのは検査をすれば判断することができます。
そのため、自己判断することなく眼科に診察をしてもらうようにしなければなりません。

 

また、老眼と思っていても実は黄斑変性症であることもありますので、普段からしっかりと症状の予防を考えるようにしてみましょう。

ルテインsap