ルテインの効能と機能

ルテインsap


ルテインの効能と機能

 

ルテインは、カロチノイドと呼ばれる植物の色素の一種で、ほうれん草などの野菜や果物に含まれます。視力低下や眼病予防などに効果があります。ルテインは体内に摂取されると、眼に蓄積されます。

 

酸化によって引き起こされる眼の病気を防ぐ抗酸化作用と、遮光することによって紫外線などの有害な光から眼球を守ります。またDHAとともに摂取することで、眼の抗酸化と脳の記憶機能が改善される効果が期待できます。

 

ルテインは体内で作ることができない物質なので、食事やサプリメントから摂取する必要があります。

 

野菜の中では、ほうれん草の他にケールやブロッコリーなどに多く含まれています。果物の場合、グレープフルーツや梨などに含まれます。

 

一日の摂取量は6mg程度が目安で、これはほうれん草20gの含有量にあたります。

 

副作用については、有害な物質ではないので可能性は低いですが、サプリメントで摂取する場合は注意する必要があります。具体的には、喫煙時と飲酒時の摂取は注意が必要です。化学合成されたサプリメントだと、タバコとあわせることで発がんのリスクが上がってしまいます。ルテインは眼精疲労などにも効果があるので、用法を守って摂取することで眼に良い健康的な生活を送ることができます。

 

 

視力回復に効果のあるルテインとは

 

ルテインは摂取することで視力回復に効果があることで良く知られている栄養素です。

 

ホウレンソウやトウモロコシ、カボチャ、卵黄などに含まれる黄色い色素のひとつで、摂取するとそのほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積される成分です。

 

網膜は目の一番奥にあり、網膜には色や光を感知する視細胞が存在しています。瞳孔を経由して眼球の中に入ってきた光は、網膜の上にピントを結び、映像となるのです。

 

網膜はいわゆるスクリーンの役割をはたし、ものをみるという機能をつかさどっています。

 

目の中にあるルテインは、ゼアキサンチンという成分とともに、紫外線の有害な部分である短波長という光線を吸収して、網膜の組織を保護する働きがあります。

 

またルテインには強力な抗酸化作用があり、網膜と水晶体の酸化を抑え、細胞の働きを回復する働きがあります。

 

またルテインには視力低下をひき起こす病気を予防することでも知られています。

 

加齢に伴って発症しやすくなる加齢黄斑変性症は、視力低下や失明の大きな原因になっている網膜の病気です。また白内障という目の病気は、水晶体の部分が加齢や紫外線の影響で酸化してにごることで発症し、高齢になると非常に多くの人がなりやすい病気です。

 

ルテインをサプリメントから摂取するポイント

 

体の調子を整えることができるサプリメントというと、やはり試してみたくなるものですよね。
ですが効果を期待したにも関らず、効果を一切得ることができない…それどころか体調を崩してしまう可能性もゼロではありません。
そのため、使用するサプリメントがどのようなものなのか、という知識をしっかりと身につけておくようにしましょう。

 

例えば、ルテインサプリメントです。
このルテインの副作用というのは今のところはなにも報告されていません。

 

では絶対に心配がないかというと実はそうではありません。
サプリメントの場合には医薬品のように強い作用はないのですが、健康被害が起きている可能性がもあります。

 

健康被害というのは、一度に多量に摂取した場合には調子が悪くなることもありますし、食欲が低下してしまうこともあります。
では1日にどのくらいの量であればルテインの副作用の心配はないのでしょうか?

 

これには、いろいろな説があるのですが、1日の目安としては、少ない人であれば3ミリグラム程度で多い人では25ミリグラム程度になります。

 

通常、食物から摂取することができる量というのはごくごく僅かなものです。
ただし、サプリメントの場合にはルテインを一度に大量に摂取することになりますので、しっかりと摂取量を守るようにしましょう。

 

ルテインと花粉症

 

ルテインというのは目の病気を予防、改善するうえで効果的な栄養素だといわれています。
花粉症で起こる目のかゆみに対してもルテインの効果を期待することができると考えられています。

 

ルテインは、目にとって害になる様々なものにその効果を発揮してくれます。
そのため、症状にの種類といったものはそこまで関係なくしっかりとアプローチをしてくれるのです。

 

つまり花粉症による症状も例外ではないのです。
花粉症から生じる目の痛みやかゆみというのは目のどこかが疲弊してしまい、目の健康が失われてしまうことによって起こる症状です。

 

それを改善するために弱ってしまっている部位を補強してあげることが重要です。
ルテインは非常に優れた抗酸化力があります。

 

そのため、花粉症に対する目の症状を緩和するうえでも効果的だとされているのです。
また、ルテインには美肌効果も確認されています。

 

本来人間の体内に存在しているルテインですが、お肌の細胞を構成している成分でもあります。
肌の老化は、本来体内にあるはずのコラーゲンの量が加齢によって減少してしまうことで起こります。

 

これは肌が酸化している状態ですので、ルテインを摂取して酸化を予防するようにしましょう。
そうすればお肌の老化も最小限に抑えることができるかもしれません。

 

ルテインと妊娠

 

緑内障という目の病気ですが、この発症年齢というのは様々違います。
しかし40歳以降になると、この緑内障発症リスクというのは大幅に高くなります。

 

また、最近では20代でも緑内障を発症することがあると言われています。
早い段階でこの病気の発症に気付くことができれば、進行を食い止めることもできますので失明してしまうリスクを軽減することができるのです。

 

では実際にはどのような治療方法が行われているのかといえば、基本的に進行を食い止める対症療法です。
しかし治療を続けることで、症状が悪化することはなく安定してきます。
女性の場合には緑内障によって出産が可能なのかどうか気になるかもしれません。

 

治療においては制約や決まり事といったものがありますので、緑内障なのであれば出産はしないほうが良いかもしれません。

 

というのも緑内障は遺伝する可能性が高く、さらに点眼薬を使用するので副作用の心配があるからです。
このような場合には医師に相談しなければなりません。

 

自分一人で判断するのではなく、妊娠しても使用できる薬剤などを使用してみてはどうでしょうか。
そうすれば緑内障でも出産することもできます。
また、緑内障の予防や症状の進行を食い止めるためにも、ルテインサプリを飲んでみるのも良いでしょう。

 

ルテインと食品

 

ルテインと食品の関係によって興味深い報告があります。
普段からホウレン草を多く摂取している人というのは白内障などの発症率が低いとも言われているのです。

 

このようなほうれん草などの緑黄色野菜を食べている人というのは白内障の発症率が非常に低いのです。
ルテインと食品の関係を見るとわかるのですが、このルテインはなによりも緑黄色野菜に多く含まれているからなのです。

 

100gあたりの含有量に関していえば、青汁などに多く使用されているケールになります。
しかし、キャベツの原種であるケールというのは非常に苦味が強いために料理として使用するにはあまりおすすめできません。

 

そのため、ケールを使用しているのは加工された状態になります。
加工されたうえで販売されているのです。

 

普段の食生活の中においてルテインを含んでいる食材をあげるのであれば、やはり緑黄色野菜になります。
ホウレン草だけでなくブロッコリー、さらにやレタスや豆類にも含まれているのです。

 

脂溶性成分であるルテインを食品から摂取するのであれば、油を使用して調理するのであれば効果的に体内に吸収されるようになりますよ。

 

普段の生活の中で、どのようにルテインを上手に摂取するのか、ということを覚えておいてくださいね。

 

ルテインの効果アップさせる睡眠

 

ルテインは目や視力に悩んでいる人の為の栄養素という風に思っているかもしれませんが、睡眠の質を上げたいと考えている人にもおすすめなのです。

 

元々抗酸化力の強い成分ですが、目の中の水晶体などにも存在していますし、食べ物であれば緑黄色野菜などに含まれる天然の色素です。

 

このルテインは、紫外線やブルーライトのような強い光から目や水晶体を守ってくれる働きをしています。水晶体は基本的にどんどん年齢を経ていくごとに濁っていってしまいます。

 

近年はパソコンを使う仕事も増えてきていますし、携帯やスマートフォンからもかなりブルーライトが出てきていますので、これを浴び続ける事で睡眠の質もかなり下がってきているのです。

 

けれどもルテインをサプリメントなどで摂るようにすれば、ブルーライトをブロックしてくれるという効果も言われてきていますので、試してみるのもいいでしょう。

 

毎日きちんと必要な量を摂った後は、しっかり眠るようすることでその抗酸化力を体にじっくりと行き渡らせる様にしていきます。

 

深い眠りをとる事で、ルテインも体に良い効果をもたらしてくれますので、ただ栄養素として摂るだけではなくてきちんと質の良い睡眠をとるように心がけていきましょう。

ルテインsap