menu

目の健康

まつげ美容液の副作用と実は深いリスク

Pocket

まつげ美容液は最近のコスメ市場で注目を集めるようになった新しい商品ですが、しかし日本国内においてはまだ副作用が大きいという声が少なくありません。
ではまつげ美容液にはどういった副作用があるのかというと、これにはいくつかが報告されています。
特に多いのは目がかゆくなる、目が乾燥する、目が充血すると言ったような症状です。
これらの症状は使用していて違和感に感じることが多く、これで利用を中断したという人もいます。
ですが実は、こうした自分で実感できるような物に関してはまだ良い方なのです。
中にはまつげ美容液を利用していて色素沈着が発生したという人もいますし、酷い場合には上まぶたの皮膚が薄くなり、垂れ下がってくるようになったというような人もいます。
そこまで重度の状態になった人は日本国内ではまだいませんが、こうした医薬品の先進国であるアメリカ合衆国では既に眼科学会などで問題として取り扱われるようになっています。
そもそもまつげ美容液に含まれる成分は、もともと緑内障を完治させるために使用されていた医薬品です。
医薬品を乱用すれば副作用が出ない方が珍しいことなのですから、利用の際には必ず安全かどうかをチェックし、用法用量を守るようにしてください。

リバイタラッシュ

関連記事

人気の投稿とページ

2019年3月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ