menu

目の健康

黄斑変性症の原因

Pocket

黄斑変性症の原因というのはどのようなものがあるのでしょうか?

黄斑変性症は加齢によって発症をする可能性のある病気です。

詳しい発症原因というのはまだ解明されていない部分もあります。

明確な治療法も確立されていないのですが、統計的に幾つかの傾向がある、ということは分かっているのです。

加齢黄斑変性症を発症してしまう主な原因というのは老化による発症です。

加齢という言葉からもわかるのですが、老化というのは間違いなく加齢黄斑変性症の原因になるものです。

これは目の組織に限った話ではないのですが、年齢を重ねることによって組織は少しずつ弱体化していくようになります。

黄斑変性では映像を認識するための網膜の老化現象が進行することで発症の確立は高くなってしまいます。

また、統計的にみると男性というのは女性よりも3倍近い確立によって発症するといわれています。

さらに遺伝も影響していることがあります。

遺伝の影響というのは完全に解明されているわけではありません。

 

しかし、多くの病気においてDNA組織における遺伝が関係している加齢黄斑変性症においても遺伝が関係しているのではないか、ということが考えられているのです。

黄斑変性症における原因というのは以上のようなものが考えられています。

 

アメリカでは多い黄班変性

黄班変性って、アメリカでは失明の大きな原因になっているそうですね。

日本では加齢によって、黄班変性を発症する人が多いそうですが。

失明って言うのは、かなり嫌ですよね。

病気は色々とありますが、やはり視覚や聴覚などの五感に関わるような病気って、一番嫌かもしれません。

命には別状ないとしても、明らかに不便な生活になってしまいますので、怖いですよね。

黄班変性は、ストレスやお酒なんかの影響もかなり受けるようなので、規則正しい生活を送っていない人がかかりやすい病気のようです。

職場のストレスとかは男性の方が多そうですし、やっぱり男性に発症が多いっていうのも納得できます。

失明をする前には、ちょっとずつ目のトラブルが出てくるので、かなり気をつけないといけないみたいですね。

私もたまにコンタクトレンズのトラブルで、目が見えにくい時とかありますが。

そういう時には点眼薬とかサプリメントを摂取するにようにしています。

サプリメントで劇的に症状が良くなるわけではないですが、飲み続けていると、やっぱり調子が良くなるように思います。

普段から目が疲れやすい人だったら、目に効果があるサプリメントを摂取した方が良いと思いました。

関連記事

人気の投稿とページ

2019年3月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ