目の疲れはあなどれない

ルテインsap


目の疲れはあなどれない

 

現代は目の消耗が激しい時代だと言えると思います。 お仕事でパソコンを常時見つめている方、勉強しなければならない学生さん、長い運転をする職業の方。こんな状況にある方の、生活事態は一昔前とあまり変わらないかもしれませんが、最近ではスマートフォンが普及して、中には気付けば画面を眺めているという方もいるのではないでしょうか。

 

それに加え、やはり 仕事をする上でも勉強をする上でも現代ではコンピューターへの依存度は高まっていると考えられます。

パソコンなどの画面から発せられるブルーライトが目の奥で拡散し、ダメージとなるというお話は聞いたことがあるでしょう。実際に疲れ目としてそのダメージを実感している方も多いはずです。

 

ちょっと息抜きにケータイをいじると言ってもスマートフォンの画面はパソコンと変わりませんから、精神的にリラックスしたとしても目にとっては十分刺激的。そんな生活を続けていれば、 目にダメージが蓄積し、疲れ目となったりドライアイなどの症状が表れたりしても不思議ではありません。

 

特に、お仕事などでパソコンを使う方はちょっと疲れたからと言って作業を止める訳にはいかないということもあると思います。また、一度休んでしまったらその後作業を再開するのがすごく大変だったり、気を抜いた途端に頭痛や肩こりとなって表れたりして非常に不快になる。

 

目の疲れが原因だと分かっていますから、ブルーライトを軽減する眼鏡を使う、目のツボを刺激する、目を冷やしたり温めたり、または運動してみたり、色々なことを試しているのではないでしょうか。

 

何しろ目の疲れは意識してしまうととても辛いものですし、目が疲れていては集中力も中々あがりません。ぐだぐだとパソコン画面を眺めているだけで仕事が進まなかったときなどは、ああこれなら思い切って30分くらい仮眠すれば良かったなあ、なんて考えるようになる。結果的に目に負担をかけないことを考えた方が仕事も捗るのです。

 

そんな方におすすめしたいサプリメントがあります。もし色々試したけどいまいち目の疲れが取れないのなら、目に良い栄養素満点のサプリメントで、目の疲れを改善してはいかがでしょうか。

 

目に良い栄養素満点

 

ご紹介するのは「アイクリアEX」という眼精疲労対策サプリメントで、目に良いとされる成分がこれでもかと言うほど詰め込まれています。

具体的にはビタミンCやビタミンE、ベータカロテン、亜鉛やセレンなど比較的聞きなれた栄養素が主です。もちろん、アントシアニンや、ここ数年で知名度が上がってきたルテインなど、「目」と言えばこれという栄養素が12種類も入っています。

 

それぞれ、強い抗酸化作用で目を紫外線やブルーライトの刺激から守ったり、目の組織の修復や毛細血管の強化をしたりしてくれます。これなら多少の無理をしても大丈夫かもと思えますから、お仕事などで目を酷使する方には心強く感じられるはずです。 しかし12種類と聞けば、どちらかと言うと、「目ってこんなに栄養が必要だったんだ」という印象かもしれません。

 

例えば肌の健康に関してはビタミンやコラーゲンや色々なものが必要だという印象が確かにあるのに、です。えてみれば同じ体の一部なのですから、目に届き、目で使われる栄養だっていくつもあるのが当然ですよね。 目はどうしても不調が表れにくいというか、肌荒れのように目に見える変化があまりないものですから、つい使うばっかりで十分にケアすることを忘れてしまいます。

 

充血は疲れのサインかもしれませんが、眼球自体がダメージを受けているなんて滅多に考えないものなのではないでしょうか。 言われずとも分かっているかもしれませんが、人にとって目はとても大切な器官です。

人間は情報処理の90%近くも視覚に頼っているというのですから、驚異的な依存率です。

 

そして、普段当たり前のように使って頼っている目ですが、実にたくさんの栄養素が消費され、その機能を保っています。 単純に見るというだけでも、例えばロドプシンという物質が活躍しています。ロドプシンは電気信号を脳に送る視神経の中に存在し、光刺激を受けると分解されます。分解されるとたちまち再合成されるのですが、この化学反応が、光が当たったという信号・情報として視神経に送り出されるのです。

 

そしてその再合成を促す成分があのよく耳にするアントシアニン。 単純に目に良いというよりは、なければならない大切な成分だったのですね。 こんな風に目の機能を維持する上で必要な成分を詰め込んだのが「アイクリアEX」なのです。

 

目の疲れ、放っておくと眼病に

 

目の疲れは軽いうちはあまり気にしないものだと思います。 せいぜい少し寝れば治るという程度のものでしょう。実際、幼い頃から何度も目の疲れは感じていたものの、少し寝ればすっきりとして、また問題なくゲームをしたり本を読んだり出来たのではないでしょうか。

 

筋肉痛のように、少し目を酷使したからといって痛くてどうにもならないということもありませんし、視力検査で少し視力が下がったからと言って、これと言った実感はなかったのではないでしょうか。 どちらかというと目というのは体の中でも安定していて、悪くなると言っても緩慢に衰えていくものだと思っていなかったでしょうか。そして悪くなったらもう治らないのだと思ってはいなかったでしょうか。

 

確かに視力は一度下がるとなかなか回復しませんよね。それに実際は、いつ視力が下がったかなんて分からないだけで、去年までは2.0だったのに急に0.7にまで下がったということも珍しくなかったはずです。 二つの眼球はお互いに補いあって、少しくらい機能が衰えてもそれほど不自由のないように工夫されているということなのです。

 

実際は目を酷使することによって、または栄養不足がたたって、目に多大なダメージがゆっくり、もしくは唐突に溜まっていき衰えていくのですが、例え非常に目が悪くなったとしても、実感としては知らないうちに目が悪くなっていたというような認識しか出来ないのです。 疲れ目が苦痛で、乾いて目が開けていられない、目がしょぼしょぼする、霞む、頭痛や肩こりがする、などの症状のうちにケア出来ればまだ良いほうです。

 

もっと慢性化して、極度の近視、飛蚊症、白内障、緑内障、加齢黄班変性などに発展すると非常な不便と共に、病状によっては失明の恐怖も感じることになると思います。

そしてこれらの病気も、目がお互いに視野や視力を補うことで発見が遅れることがよくあります。 だからこそ、まずは眼精疲労のうちからケアしておく、もっと言えば、眼精疲労に陥らないようにするということが大切なのです。

 

こんな人におすすめ

 

眼精疲労に陥らないようにすると言っても、やはり現代においては目を酷使せずに生活することが難しくなっている人たちも多いと思います。 目はお互いに視力や視野を補い合う、目自体は悪くなったからといって痛くなったりすることはあまりない、と上述しましたが、そんな目の特徴と、現代の刺激的な光に溢れた生活が相俟って、どんどん、知らないうちに目が弱っていく。

 

だからたいていの方は仕事に影響が出始めるまで、目の不調などは気にしないのではないでしょうか。 例えば、仕事の後になるといつもと言って良いほど頭痛がする。首や背中が凝ってただ座っているだけでも苦痛を感じる。それに伴って集中力も切れがちになって、文字が頭に入ってこない。

 

このように、目の疲労は体全身に作用していきます。仕事が捗らないだけでなく、漠然と体の不調を訴えるようになります。 もうそうなったら、目が疲れていない状態をイメージするのは難しいと思いますし、ちょっと眠ったりマッサージをしたりしてもあまり変わらないと思います。

 

そんな人にこそ、「アイクリアEX」は試してみて欲しいのです。 きっと飲み始めて目に栄養が行き渡り始めたら、今までどれだけ目を酷使していたのかが分かると思います。そしてもしかしたら、このまま行けば簡単に目を壊してしまいかねないという危機感も襲ってくるかもしれません。

 

そんなことを意識するためにも、自分が目を酷使する生活をしているなと思う方は一度試してみて欲しいのです。 そして目を酷使していることを実感したら、それからは出来るだけ目に優しい生活、目を労わる生活というものを意識して欲しいと思います。 サプリメントを続けるかどうかはその人次第ですが、今までのどんなことが目に負担をかけていたのかを考えるきっかけになれば良いと思います。

 

そうすれば、例えば、適度な休憩を挟むこと、食事をきちんととって、生活リズムを整え、しっかりと睡眠を取ること、目や首筋のマッサージがどれだけ有効かなどということも意識出来ると思います。一度目のコンディションを整えてみて、目との付き合い方を考えてみてはいかがでしょうか。

 

目はこれからも長い時間、働いてもらわなければなりません。なにせ情報処理の約90%を担っているのですから、現代においては少し過保護にするくらいが丁度良いのではないでしょうか。

ルテインsap