天然ルテイン

ルテインsap


ルテイン

 

目の健康のために活用できるサプリメント「ルテイン」。 ルテインには、活性酸素の元となる紫外線にさらされる私達の瞳を、外部刺激から守ってくれるパワーがあるとされています。

 

また、強い抗酸化作用があることから目の疲れやかすみだけでなく、 白内障や緑内障などといった目の病気の予防や対策目的としても活用されています。

 

「合成」と「天然」の2種類ある『ルテイン』

 

目の健康について詳しく調べたことのある方であれば、ルテインの存在はよくご承知のことかと思います。 ですが、そのルテインに「合成」と「天然」の2種類が存在していることまで把握できている方はあまり多くはないようです。

 

結果から書いてしまうと、合成ルテインよりも天然ルテインの方が、体内への吸収性もスムースで、品質や安全性も高くなっています。 また、天然であるかどうかを見分けるためには、ただ「天然」という売り文句を鵜呑みにするだけではなく、 高品質な天然ルテインの証であるラベルの表記(ブランドロゴ)にも目を向けることが大切になります。

 

 

ルテインを選ぶポイント1「天然にこだわる!」

 

ルテイン選びをする上で大切なのが、 合成ではなく天然にこだわるということです。 合成ルテインは、非常に安価という点では魅力的に感じるところですが、天然ルテインと比較してもルテインの含有量は非常に少なくなっています。

 

少量で十分に摂取できるのが魅力のサプリメントですが、合成ルテインの場合は微量しかルテインを摂取できていない可能性があります。 また現在、合成ルテインは副作用の危険性が高まることも指摘されてきています。 ある調査結果においては、合成ルテインを摂取することが発がん性に繋がることが明らかとされています。

 

ですが、天然ルテインであれば、特殊なアレルギー持ちでもない限り、副作用を気にする必要はありません。 また、天然ルテインは 吸収力も高く、身体に無理な負担を強いる心配もないのです。

 

 

ルテインとゼアキサンチン

 

ドクターズチョイスのルテインサプリメントには、ルテインと並び黄斑部に存在することで知られているゼアキサンチンという栄養素も配合されています。

 

他にも『CAN-C』と呼ばれる白内障治療に有効的な点眼薬や、目のためのサプリメント『オキュサポートクロニカルストレングス』もドクターズチョイスでは取り扱われています。 自分にとって気になる目の症状に合わせて、これらを製品をチョイスしてみるのもよいのではないでしょうか。

 

ルテインは、40代に入る頃には体内での生成率も随分と低下し、消費するばかりになると言われています。 加齢黄班変性は50代以降の方が発症するケースが多いと言われているのも、このためなのでしょう。

 

また、ルテインが不足する理由は、何も紫外線だけに限られたことではありません。日頃から パソコンで目を酷使している方や、生活習慣やストレスなどが目の酸化を加速させている方も、目の病の大きなリスクを抱える対象となります。
このため、現代では比較的若い世代でも、白内障や緑内障、加齢黄班変性になる方が増えてきているとも言われています。 「まだ若いから大丈夫。」と思っていても、あなたの目に異常が現れるのはすぐ間近に迫っているかもしれません。

 

目の病については、例えば左目に疾患を抱えていても、右目が正常なことで症状に気付かないようなケースがあると言われています。 目の異変に気付くためには、何かのタイミングで日頃から片目ずつ物を見る習慣を付け、見え方に異常がないか自己チェックを行うことも有効的とされています。

 

目の病だけではなく、どんな病もならないに越したことはありません。 病になってから慌てるのではなく、病にならないために日頃から意識をもつことで、歳を重ねることも楽しめるような毎日を送っていきたいものです。

 

黄斑変性症とは?


黄斑変性症は、目の黄斑という組織がダメージを負っていることにより起きる症状です。
アメリカでは4人に1人の高齢者が患うと言われている症状ですが、近年では日本でも増加傾向にあります。
視力が低下した、なんだか風景がゆがんで見える、視界の中心部が見えない・・・。
このような場合は、黄斑変性症を患っているのかもしれません。

 

黄斑変性症の症状

 

黄斑は網膜の右側中心部に存在している組織です。
目に捉えた風景の大きさ・形状・色を判別するという、重要な役割を担っています。
黄斑変性症はこの黄班の細胞が紫外線をきっかけとししてしまい、ダメージを受けることにより発症します。
発症してしまうと視力が低下したり、視界がに歪んだり黒ずみが見えたりするなどの症状に悩まされます。
視力はゆっくり低下する場合と急激に低下する場合があり、後者の場合は特に注意が必要です。
黄斑変性症はやがて失明へと繋がる可能性もあり、放置しておくことは大変危険です。
もし黄斑変性症の兆候が見られたら、速やかに病院に行き検査を受けましょう。

 

黄斑変性症の原因

 

黄斑変性症の原因は、いまだ研究中であり全容が解明されているわけではありません。
加齢による黄斑の老化現象や紫外線による活性酸素が原因として考えられています。
また他にも、元々アメリカに多く患者が見られていることから食生活の欧米化も指摘されています。
他にも喫煙や運動不足、ストレスといった生活習慣の悪化が一因となっている場合があります。

 

 

黄斑変性症の治療方法

 

黄斑変性症は病院で手術を受けることができます。
手術には目に注射を施す方法や、レーザーを用いた方法が用いられています。
ただし黄斑変性症は完治まで至るのが難しい症状とも言われています。
黄斑変性症の疑いがある方は、これ以上症状が進行しないように必ず病院に行きましょう。

 

 

ルテインで黄斑変性症にストップ

 

ルテインを摂取することで、黄斑変性症の予防・進行防止に繋がると言われています。
ルテインによる黄斑変性症の臨床試験はアメリカでも行われており、成果も挙がっているようです。
ただし人体にあるルテインは、加齢と共に量は減っていきますので外部から補う必要があります。

 

ルテインの効果

 

ルテインには、抗酸化作用があります。
この抗酸化作用により紫外線から眼球を守り、眼球の組織が酸化をするのを防ぐ効果があります。
ルテインはほうれん草や人参、かぼちゃなどに含まれています。
また食事の他にも、サプリメント摂取するという方法があります。

 

ルテインのサプリメント

 

ルテインが含まれているサプリメントは沢山発売されています。
そのため、どのサプリメントを選んだらいいのか検討がつかないという人もいるのではないでしょうか。
サプリメント選びのポイントとしては、やはり質です。
抽出方法や製造方法によって、同じルテインでも質に違いがでてくるのです。
そこでご紹介をするのが、ドクターズチョイスから発売されているルテイン40mgです。

 

質が違う!ドクターズチョイスのルテイン40mg

 

ドクターズチョイスのルテイン40mgに含まれているルテインは、マリーゴールドの花から精製をして結晶化した質の高いルテインです。
この製造方法により抽出されたルテインは、本来人間の体にあるルテインと同じ性質のものなので体にすっと馴染みます。
ドクターズチョイスのルテインは1粒20mgという高配合なのですが、この豊富に含まれたルテインを無駄なく吸収することができます。
そのため、他のルテインサプリメントと含有量が同じでもこちらの方が高い効果を期待することができるのです。
ちなみにルテイン40mgはルテイン1mg辺りの値段が最安値クラスとなっており、コストパフォーマンス面でも優れています。
このサプリメントはアメリカの商品ですが、日本でもインターネットから簡単に購入をすることができます。
黄斑変性症をこれ以上進行させたくないという方は、試してみる価値があるのではないでしょうか。
ルテインは黄斑変性症以外にも飛蚊症などさまざまな目の症状に効果がありますので、目のトラブルにお困りの方には注目の一品だと思います。

ルテインsap