40rの天然ルテインを摂取できる「ルテイン40r」

 

ルテインsap

 

ビューティ&ヘルスリサーチ社の独自ブランドである「ドクターズチョイス」は、高品質なサプリメントを開発し続けています。

 

ドクターズチョイスの「ルテイン40r」のルテインは本場の感覚に従って40rの高含有。

 

ゼアキサンチンも2r同時に摂れるように配合されており、それらの運搬役であるアントシアニン(ビルベリー)も50r含む、バランスの良いサプリメントになっています。

 

>>ドクターズチョイスのルテイン40rの詳細

 

使用するルテインはフローラグロー製法という特許技術を持つケミン社のルテイン。

 

これはマリーゴールドを原料に人体にあるものと同じ性質を持つ天然ルテインを抽出する技術で作られたものです。

 

目の健康を維持し、病気を予防したいのであれば、ただ十分な量のルテインというだけではなく天然のルテインを摂取するのが理想的です。

 

40rの天然ルテインとゼアキサンチン、そして運搬役であるアントシアニン(ビルベリー)が揃って初めて、ルテインサプリはその効果を最大限に発揮し、目の健康を守るという目的を果たします。

 

ルテイン

 

 

ルテイン、ゼアキサンチン、アントシアニン(ビルベリー)の三本柱

 

ルテインサプリを使う場合は、私たちの目にルテインとセットで存在するゼアキサンチン、そしてルテインの運搬役であるアントシアニン(ビルベリー)の三本柱が揃っているサプリメントを選ぶことが重要だと言われています。

 

どれが欠けても片手落ちで、効率のよい栄養摂取にはなりません。

 

目に不安を抱える方が多い現代では天然のルテインを使用しているサプリメントは増えてきているようです。

 

しかしゼアキサンチンとアントシアニン(ビルベリー)を含有しているものはとても少ない。

 

ルテイン40rは目のケアに必要な3つの成分をバランスよく、かつ十分に配合しています。

 

効果が実感できなければ返金もオーケー

 

ルテイン40rは90日間の返品保障がついています。

 

ルテインサプリの摂取量は、最低でも一日6?10rが理想と言われていますが、目の疲労ケアや視力の維持を目的とするのであれば20r以上は摂ることが望ましいです。

 

40rはより積極的なケアに用いる場合。

 

ルテイン40rは、一粒で20rの天然ルテインが摂れるサプリメントです。60粒入っているので、まず一日20rで試してみようという方は1ボトルで2か月間試すことができます。

 

しっかり使って効果を確かめてもなお返金保障期間中ですから、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。

 

>>ドクターズチョイスのルテイン40rの詳細(公式サイト)

 

 

目の病気

 

 

 

目の病気と耳にすると「失明」というワードが頭に浮かぶ方は多いのではないでしょうか。

 

事実、目に疾患を抱えることは、失明に対するリスクを抱えることにもつながります。

 

どんな症状も目で悪化することがあれば、失明につながる可能性は否めません。

 

特に失明する可能性があることで知られている目の疾患としては、白内障や緑内障あたりが有名ではないかと思います。

 

最近では加齢黄班変性という病も、症状を放置すると失明する恐れがあることで知られるようになってきています。

 

 

加齢黄班変性

 

加齢黄班変性という病は、目の黄斑部と呼ばれる部位に障害が起きる病です。

 

文字通り、加齢=年を重ねることで起こるようになります。

 

症状を放置すれば失明する恐れもありますが、治療が特別に難しい病という訳でもありません。

 

ですが残念ながら、早期発見すれば問題ないと言える病でもないのです。 要するに、ならないために予防を行うことが大切な病のひとつになります。

 

白内障・緑内障

 

白内障と緑内障も大きな原因として加齢を挙げることができます。

 

これは何故なのかといえば、歳を重ねるごとに目を守る栄養分が不足してしまうためです。

 

そして、この目の栄養素に値するのが『ルテイン』です。

 

これらの目の病を予防する上で何が必要になるのかといえば、ルテインを不足しないよう補うことが大切ということになります。

 

ルテインはカロテノイドの一種で知られ、野菜や果物といった鮮やかな色素となっている栄養素としても知られています。
私達の視力の中心に近いところに存在することで、目に大きなダメージを与える紫外線から目を守る役割を果たしています。

 

ですが、加齢などが原因となりルテイン不足が生じてしまうと、目を守る機能が十分な役割を果たせず、目が紫外線などの影響を受けやすくなってしまいます。

 

これが、白内障や緑内障、加齢黄班変性に至る原因になると考えられています。

 

加齢黄班変性の原因

 

加齢黄班変性の黄斑部とは、視力の中心となる部位で視神経が集中していることでも知られています。

 

このためその症状としては視力の低下だけではなく、視界が歪む、中心部だけが黒っぽく見えるといった特徴があります。

 

加齢黄班変性は、本来はなかった新生血管が出現し伸びていくことで、黄班部の網膜の傷や変形をうむことで起きるとされています。

 

この新生血管の出現の原因となっているものとして、ルテイン不足を挙げることができます。

 

黄斑部に「黄」という文字が付けられているのは、ルテインが集まっていることで黄色く見えることが由来となっています。
それだけ黄斑部にとってルテインが重要な栄養素となっている証なのです。

 

>>ドクターズチョイスのルテイン40rの詳細

ルテインの働き

 

ルテインは、視力の中心に近いところに陣取って、目を守ってくれています。

 

私たちの目は、日々ダメージを受けています。

 

皮膚に紫外線が良くないように、目にも紫外線はよくないのです。

 

そもそも、特別目に悪いことをしなくても、栄養は消費されています。

 

例えば、ビタミンAが不足すると目が見えなくなるなど聞いたことはないでしょうか。

 

ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目に良いと聞いたことはないでしょうか。

 

これらの栄養素は確かに目の働きに重要な栄養素ですから、不足すれば当然目には良くない。

 

 

例えば目が複雑で大規模な工場だとして、そこで働く人、つまり栄養素がなければ機能しません。

 

白内障や緑内障、加齢黄班変性が施設や設備の故障だとすれば、栄養不足は人手不足なのです。

 

 

また、人手が足りないからメンテナンスも出来ず、故障するということですね。

 

人と違うところは、栄養が消費されるものであり、使い捨てられるものだと言うこと。

 

 

そしてルテインは、視力の中心に近いところで、目に最も悪いとされる太陽の青色光を吸着してくれると言います。

 

 

目に悪い光というものは目を酸化させ傷付けます。
これを何とかしなければ、目を守るために栄養を送らなければと形成されるのが新生血管です。

 

新生血管ができることにより、加齢黄班変性の原因になることがあります。

 

目を守るために栄養を送らなければと形成されるのが新生血管。

 

しかし、結果的に邪魔になってしまっている状態です。

 

 

よって、 ルテインが不足している人は紫外線などのダメージに対するフィルターが少いため、目が傷付き易く、加齢黄班変性になりやすいと言えます。

 

目へのダメージの現れ方によっては、白内障や緑内障など他の眼病を引き起こす原因にもなるので、目の栄養不足にはならないようにすべきなのです。

 

反対に言えば、目の健康はルテインのような目を保護してくれる栄養素にかかっている。

 

栄養さえ十分ならば、他の眼病の治療・予防にもなるということではないでしょうか。

 

>>ドクターズチョイスのルテイン40rの詳細(公式サイト)

 

ルテインsap