ファンケル社の「えんきん」だとルテイン量が足りない!? 

 

白内障や緑内障などの眼病に将来かかるのを防ぐために、若い内からルテインのサプリメントを飲み始める人が、徐々に増えているそうです。なんでも、紫外線に並び、そうした眼病の原因である、水晶体や網膜などの酸化を引き起こす可視光線に浴びる時間が、昔に比べて増えているからとかで。

 

確かに、現代ではスマートフォンやパソコンなどが広く普及して、可視光線に晒されていない時間を見付ける方が難しいですからね。しかし、眼精疲労を改善したいだけに留まらず、眼病予防効果まで得たい場合は、1日にある程度まとまった量のルテインを摂らなければいけません。具体的には、最低でも20mgは必要と言われています。

 

しかし、全てのルテインのサプリメントに、それだけの量が含まれている訳ではありません。それは、有名メーカーのものでも例外ではなく、あのファンケル社の「えんきん」というルテインサプリメントには、1日分につき10mgしか含有されていませんでした。10mgとなると、眼精疲労に効くのが精々ですね。

 

そのため、眼病予防までしたい場合は、ルテインのサプリメントを購入する前に、1日分につきどれだけルテインが含有されているかもよくチェックすべきとのことでした。

 

エフ琉球のルテインサプリメントでは不十分!

? 

 

将来の眼病予防のために、ルテインサプリメントを服用している人は、年々増え続けているそうです。なぜなら、昔に比べて現代人は、白内障や緑内障などの眼病にかかるリスクが高まっているからです。詳しく言うと、そうした眼病の原因である目の組織の酸化を引き起こす可視光線が、スマートフォンやパソコンなどの普及のせいで現代には溢れているのだとか。

 

そこで、手っ取り早く毎日一定量のルテインを摂取するには、サプリメントが一番良いのですが、どれでも良いという訳ではありません。なぜなら、眼病予防効果を得るためには、ルテインを最低でも1日20mgは摂取しなければいけないからです。

 

となると、ルテインのサプリメントの中でも、かなり高濃度配合のものを選ばなければいけないんですね。しかし、大手のメーカーから販売されているルテインサプリメントでも、含有量が20mgに届かないものはよくあるそうです。例えば、エフ琉球のルテインサプリメント。

 

1粒につき7.5mgしかルテインが含まれていないため、1日摂取目安とされる1〜2粒を摂取したところで、20mgには到底足りないため、精々眼精疲労効果しか期待できません。こういうこともあるため、ルテインサプリメントは購入前に、ちゃんとルテイン含有量を確認すべきとのことでした。

 

えがお社のルテインサプリメントは安全!

 

ルテインサプリメントの服用は、基本毎日なおかつ一生に渡り続ける必要があります。そのため、ルテインサプリメントを選ぶ際は、安全性にも注目したいところです。具体的には、合成ルテインではなく、天然ルテインが配合されたものを選ぶ必要があるのだとか。

 

なぜなら、合成ルテインだとアレルギー症状が出てしまう危険性があるからです。また、安全性とは関係ありませんが、合成ルテインは天然ルテインよりも体内での吸収率が悪いため、飲んだ量の割にルテインの効果を得られないという難点もあるそうです。

 

眼病予防効果を得るには、最低でも1日20mgはルテインを摂取しなければいけませんから、吸収率が悪いのはちょっと困りますね。そこで、天然ルテインが配合されたタイプで、尚且つ1粒のルテイン含有量が多いサプリメントを探してみたところ、えがお社の「えがおのルテイン」というのがヒットしました。

 

これなら、マリーゴールドから抽出された天然ルテインが、1粒につき15mg含有されているため、安全性が保障されているだけでなく、確実に眼病予防効果も得られるみたいです。ちなみに、カプセルが茶色と少々独特な見た目をしていますが、これはルテインが高濃度に配合されているからというだけで、特に問題は無いとのことでした。