黄斑変性症と失明

日本においてもいくつか失明につながる眼病があります。
そしてその中でも加齢黄斑変性症というものがあります。
加齢黄斑変性症というのは、黄班の下に位置している血管に存在している脈絡膜という部位に新生血管が発生します。
それが原因となっているんですよ。

 

黄班変性症の予防にルテインサプリメント

 

新生血管というものは眼球内にある保護成分の減少、活性酸素の増加、酸欠状態によって細胞に十分な栄養素と酸素を送るうえで発生するものです。
しかし、この血管というのは非常にもろいために簡単に壊れてしまうのです。

 

その壊れる時に血液が漏れだすことによって、網膜の下部分で内出血を起こすようになって、血液が溜まった部分だけ黄斑の形が変化して黄斑変性症を発症してしまうようになるのです。

 

加齢黄斑変性症を発症した場合には視界の中心部分がゆがみ、症状が進行した場合には暗点して映像がしっかりと映らなくなってしまうのです。
このように新生血管が関係し、発症をすると黄斑の疾患ということもあるのです。

 

この黄斑変性症というのは簡単には治療をすることができませんので、普段の生活の中で黄斑変性症を予防、改善をすることができるようにルテインなどを普段からサプリメントとして摂取するということが重要になるんですよ。

黄斑変性症と治療方法

加齢黄斑変性の治療方法というのは加齢黄斑変性の種類によってそれぞれ異なります。
網膜の色素上皮部分が萎縮することで発症している萎縮タイプの加齢黄斑変性の場合、有効な治療方法というのは見つかっていません。

 

しかし、毛細血管の異常によって滲出タイプの加齢黄斑変性症を発症することもあります。
この場合には治療方法がありますので、加齢黄斑変性の進行具合にしっかりと合わせた状態で治療を行うようにしなければなりません。

 

光線力学的療法というものもあります。
これは弱い出力のレーザーを、直接病変部位に対して当てることで治療します。
3ヶ月ごとに定期的に再治療の有無について判断をしなければなりません。

 

また、薬物治療も行われます。
血管内の細胞をコントロールする事によって新生血管の生成を抑止する、という治療法です。
ルセンティスなどの薬物を4週間ごとに直接注射をすることになります。

 

そしてレーザー凝固です。
黄班部分から新生血管が剥離をしてしまっているような場合にはレーザーを病変部分に直接照射することで新生血管を消滅させ治療をすることができます。
そうすれば、より効率よく黄斑変性症を治療することができるようになりますよ。

 

黄斑変性症って?

 

近年増加している眼病として黄斑変性症があります。
この黄斑というのは、視力においても中心的で、非常に重要な役割をしています。

 

しかし、黄斑が盛り上がってしまい、ものが歪んで見えるようになってしまうという病気なのです。

 

この病気の発症というのは、新生血管という極めて弱い血管が内出血のような状態になることが関係しているのです。

 

この内出血が更に進行してしまうと、黄斑に栄養や酸素がしっかりと行き渡らなくなってしまいますので細胞が死滅してしまうようになります。

 

網膜の細胞というものは一度壊死すると再生されることはありませんので、視野の一部分が欠損し、場合によっては失明をしてしまうようになるのです。
黄斑変性症は、元々高齢の情勢が多く発症する病気だとされてきたのですが、現在では男性にも多くなっているといわれています。
その原因としては喫煙が大きく関係しているのです。

 

 

また、空気の汚染された環境に長期間いることも黄斑変性症発症リスクを高めてしまうとも言われているのです。
そのため、できるだけ空気のきれいな環境において喫煙をしないように心がけることが大切なんですよ。

 

黄斑変性症は場合によっては失明につながるということをよく覚えておいてください。

 

黄斑変性症と白内障

 

加齢による眼病というのはいくつもあります。
その中でも白内障は、ある程度進行しなければ自覚症状すらも起きない非常に恐ろしい眼精疾患なのです。

 

白内障が発症してすぐなのであれば目薬、内服薬でも進行をストップさせることはできるのですが、この段階というのは自覚症状もないので眼科などで定期健診を受けていなければ早期発見することすらも困難です。

 

白内障は水晶体の表面部分から少しずつ白く濁っていきます。
そして症状が進行すると濁りが中心部分まで広がるようになります。
その段階で初めて自覚症状も現れるようになります。

 

白内障の自覚症状としては視界が白くぼんやりと霞んだり、焦点が合わせづらいといったものがあります。
ほかの眼精疾患とは異なり、痛みというのはほとんど感じません。

 

視界に少しだけ異変が出る程度なので、単なる眼精疲労だと勘違いしてしまうこともあります。
しかし、この白内障を予防するためには早期発見をしなければなりません。

 

同じような症状として黄斑変性症もあります。
しかし、この黄斑変性症の場合には目が白く濁るようなことはありません。

 

視界に異変が出ているような場合にはできるだけ早く診察を受けるようにして黄斑変性症なのか、白内障なのかをはっきりとさせる必要があります。