おすすめのルテイン摂取方法

ルテインsap


おすすめのルテイン摂取方法

 

目の健康の為にももっと取るように心がけたいルテインですが、どうやって摂取していけば効果的なのでしょうか。

 

一日の必要量としては大体6〜12mg程度が予防としても効果があります。これぐらいの量であれば普段の食事でケールが約30g、ほうれん草でも約60g程で摂る事が出来るのでおすすめです。ですが、現在は食材そのものに栄養が減ってきている事も挙げられますし、調理中に損失して幾分のことを考えるともう少し摂っていく必要があります。

 

やはり手軽に毎日一定量を摂る為には、サプリメントが生活にも取り入れやすいのでおすすめです。たくさんのルテイン配合のサプリメントがありますが、選ぶ時には天然成分で作られているなど、素材そのものに安心が出来るものを選びましょう。長く続けていくのであれば、品質にも気を使ってみて下さい。

 

ルテインは脂溶性なので飲む時間帯そのものは気にしなくていいのですが、食後に必要量を飲むようにした方が吸収もよくなります。

 

一日に何回か食事をしますから、その都度飲むようにしておけば飲み忘れを防ぐ事も出来ます。基本的にはやはり食べ物から摂るのが理想的なので、色の濃い緑黄色野菜に含まれていますからそれらを積極的に選んで食べていきましょう。

 

ルテインはどんな食品に含まれているのか

 

「ルテイン」とは、カロテノイドという色素成分であり、植物に含まれているものです。目のトラブルの予防に効果的な成分です。ルテインを多く含むものは緑黄色野菜で、中でも色味の濃い野菜が良いです。

 

また、黄色やオレンジ色の野菜にたくさん含まれています。例えば、ほうれん草やカボチャ、ブロッコリー、いんげんです。野菜以外の食品では、豆類や卵黄に多く含まれています。

 

特に多いのはほうれん草で、100gで10.2mgも含まれています。そして、ほうれん草の2倍以上の量が摂取できるのがケールです。

 

ケールはキャベツの一種であり、栄養価の高い野菜です。青汁の代表的な原料のひとつです。ケールは苦味や独特の青臭さがあるので、美味しく加工されている青汁がおすすめです。

 

ケールを使った青汁を飲むと、1杯でルテインが10mgほど摂取できます。1日の推奨摂取量は6mgから10mgなので、青汁1杯で十分な量を取ることができ、手軽に効率良く摂取できます。

 

ルテインは油に溶けやすい成分であるため、油で炒めたり揚げるなどの油を使った調理方法で食べると吸収率が良くなります。体内で作ることができない成分であるため、食品から補う必要があります。

 

ルテイン商品の選び方

 

ルテインとは、カロテノイドの一種であり食品だとブロッコリーやほうれん草、レタス、にんじんなどに多く含まれています。緑黄色野菜に比較的多く入っています。

 

ルテインは体内に吸収されると主に目に作用します。眼球疲労や視力低下、トラブル予防などに効果を発揮します。目の調子が優れない方などは、すぐにでも体に補給したいでしょうが、体内で生成することができません。

 

なので、目から入る紫外線をしっかり保護したり、体外からの摂取が必要となります。

 

1日の摂取量ですが、6mg程度が理想といえます。食べ物で摂取するとなると沢山の量を食べなければならず、飽きてしまったりするのでそのような時は、ルテインが配合されている健康食品やサプリメントなどをうまく利用して、毎日摂取できるような態勢にしましょう。選び方のポイントとしては、長く続けられる自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

まず価格です。どんなに優れた商品でも毎日続けられないのであれば意味がありません。買ったり買わなかったりでは効果も薄れてしまいます。含有量もしっかりとチェックし、なるべく多く摂取できるようにします。そして、「天然」の記載があるとなお良いです。しっかりと比較をして健康な体作りをしたいですね。

 

 

ルテインの効能と研究情報

 

ルテインは、カロテノイドと呼ばれる天然の色素のうちのひとつで、ホウレン草などの緑黄色野菜などに含まれる黄色の天然色素です。

 

人間の体内器官にも様々なところに存在し、特に目の水晶体や黄斑部に存在するものは、その抗酸化作用により目を強い光から守り、視力低下や目の病気を防ぐ効果があります。

 

そのため、目に関するサプリメントなどに良く用いられているのです。

 

目は、人間の臓器として唯一外部に露出しているものなので、常に外部からの光にさらされることで、活性酸素が発生し目の老化が進行します。

 

目の水晶体にあるルテインは光をさえぎる効果と抗酸化作用により、目の老化を防ぐことができます。これにより、加齢により起こるとされる目の病気、白内・緑内障や加齢黄斑変性などを予防することもできます。

 

水晶体のルテインの量は、加齢と共に低下していきますが、日頃から緑黄色野菜などを多めに摂取したり、サプリメントなどで補うことで、その量を多く保つことが期待できます。

 

また、近年、アメリカの大学での研究により、ルテインとDHAを同時に摂取することで、目の抗酸化機能と脳の記憶機能の改善が期待できるということが分かってきており、今後の成果が期待されます。

 

知っておきたいルテインの摂取目安量

 

ルテインとは、抗酸化作用をもつ「カロテノイド」の一種で、瞳の水晶体や黄班部に多く存在しています。
光を遮断する力があり、太陽や蛍光灯、パソコンやテレビ、携帯電話の画面から出される光から目を守ってくれます。

 

主に色の濃い緑黄色野菜に多く含まれますが、現代の食事は野菜の摂取が不足気味だと言われているため、ルテインの摂取量も不足している傾向にあります。一日の摂取目安量としては、健康な人の場合で一日に6mg〜10mg程です。

 

体内に吸収する前に減少してしまうことを考えると、10mg〜20mg摂るのがいいともいわれています。目に疾患がある場合は一日に20mg程摂ると良いでしょう。

 

ただし、食事から摂るものや天然成分で作られたものは心配ありませんが、合成で作られたサプリメントで摂取する場合は過剰摂取にならないよう、注意が必要です。

 

合成のルテインを過剰に摂取してしまうと、嘔吐や胸やけなどの副作用や、煙草と同時に摂った場合には発がん性のリスクも報告されています。決められた用法・用量をきちんと守れば問題はありません。

 

ルテインの不足は、白内障や緑内障などの目の病気の原因のひとつといわれています。
目の健康の為にも、一日の摂取量を守って毎日続けていくことが大切です。

 

蕎麦に含まれるルテイン

 

ルテインは抗酸化作用を持っているカロチノイドの一種で、私たちの体内にも存在している大切な成分です。

 

カロチノイドは植物だけでなく、私たちの身近にある野菜や果物、海草などにも含まれています。

 

多量に含む植物としてはマリーゴールドがよく知られていますが、そのほかにもほうれん草、ブロッコリー、からし菜、キャベツ、とうもろこしなどに含まれています。

 

また日本では古くから食べられてきたそばにも含まれている成分です。
そばには、ルテインのほかにもルチンが含まれており、双方共に目に効果的な成分が含まれているため、目の健康を考えると理想的な食品であるといえます。

 

ルテインサプリを接種することで、強力な抗酸化作用が期待できますが、摂取することで白内障、加齢黄斑変性などを防ぐ効果があると言われています。

 

ルテインは食物などの中にも含まれていますが、最近ではさまざまなタイプのサプリが販売されるようになりました。

 

効率よく、必要な成分を摂取するためには、やはりサプリは便利なため、多くの人が利用しています。
ただしサプリの中には、天然成分ではなく、石油合成されたものもあります。そのためサプリを選ぶ際には、天然の成分を多く含むものを選ぶようにしたいものです。

ルテインsap