ゼアキサンチンで目を健康的に

 

白内障というのは一度に視力を失ってしまうものではありません。
少しずつ時間をかけて進行していく病気になります。

 

進行の度合いには段階があるのですが、医学的には厳密に区分されているものではありません。
また、進行の速度というのはその人の生活習慣、その他の持病なども深く関係してきます。

 

老人性白内障というのは進行が遅いと言われているのですが、糖尿病を併発している場合には加速度的に進行することもあります。
また、紫外線の強い環境にいる場合にも進行を早めてしまうことがあります。

 

先天的に白内障を発症している場合には外傷などによって進行が早くなることもあります。
白内障は、症状の進行を遅らせる投薬も可能なのですが、進行を完全に食い止めることは不可能です。

 

少しずつ症状が進行して、最終的には水晶体が真っ白になってしまい視力が失われてしまうことになります。
それでも他の問題がないのであれば手術をすることによって視力を取り戻すことは可能です。

 

進行するのが遅いだけに、白内障の症状に早く気づいて、少しでも早く治療を開始すれば進行を遅らせることは可能ですよ。
普段の生活の中でもゼアキサンチンを摂取することで、効率よく白内障を予防することができますので試してみてください。

 

ゼアキサンチンに期待できる効果は?

 

ゼアキサンチンというのはとうもろこし、卵黄、動物性脂肪に含まれているカロテノイド系の色素のことをいいます。
ルテインと良く似ており、黄斑に多く存在しています。

 

この黄斑というのは目における網膜の視細胞が非常に多く集中している部分です。
そしてゼアキサンチンは紫外線を吸収することによって、活性酸素の発生を抑制し、活性酸素によって受けるダメージを抑えることができるようになるのです。

 

ゼアキサンチンは、ほうれん草、レバー、ブロッコリー、卵黄に多く含まれているのですが、脂溶性ですので油での調理やオイルをかけることで吸収率がアップします。
ゼアキサンチンは体内で作り出される成分ではありません。

 

そのため、普段の生活の中で積極的に摂取するようにしなければなりません。
調理をするのであれば、油で炒めたり、サラダであればオリーブオイルなどを使用してみるようにしてください。
そうすることでより身体に必要な量を効率よく吸収できますので栄養素を無駄にせずにすみます。

 

ゼアキサンチンをしっかりと摂取することで年齢を重ねることで発症しやすい白内障を予防することができるようになります。
継続してゼアキサンチンをしっかりと摂取するようにこころがけてみてください。

 

ゼアキサンチンと羞明

羞明という症状をご存知でしょうか。
これは、強い光を受けた時に目に痛みや不快感を感じる、というものです。
網膜や視神経に強力な刺激が伝わることによって発症するのですが、白内障の初期症状において羞明を発症する人は非常に多いのです。

 

そして白内障というのは目の中に含まれている水晶体というレンズがタンパク質で濁ってしまい、白くなる病気です。
進行は比較的遅いのですが、時間をかけて少しずつ、そして着実に進行していきます。
白内障で羞明を感じるのは、この濁りが原因となって光が乱反射をしてしまうからなのです。

 

初期段階において眼科を受診していれば進行を食い止めるために薬剤を使用して治療を行うことも可能です。
しかし、進行を完全に食い止める、というのは現代の医学においても不可能なのです。

 

白内障は症状が進行すると手術によって水晶体を除去して、人工レンズを入れなければなりません。
そのほかにも問題となっている疾患がないのであれば、手術によって視力を取り戻すことも可能です。

 

白内障の手術後にも羞明を感じている人はいるのですが、水晶体がこれまで吸収してくれていた波長の光を透過してしまいますので、遮光レンズを使用しているカラーレンズ眼鏡を使用することがおすすめです。

 

同時に、ゼアキサンチンなどを摂取することで、白内障による羞明を予防することができるといわれているんですよ。

 

ゼアキサンチンで白内障を予防

 

白内障手術はこの10年でかなり進化しています。
そして、今では日帰り手術が主流となっているのです。

 

手術自体は20分程度で簡単に済ませることができます。
食事も通常通りで問題ないですし、翌日というのは視力が回復していますのできっと感動するでしょう。

 

その他に重い疾患等はなく、体力的にみて無理がないのであれば、日帰り手術による自宅療養の方が安心できますよね。
ただし、何か他の疾患が影響している場合には当然のことですが、高齢であったり、一人暮らしの場合には入院を選ぶ方が多いですし、医師もそれを勧めるはずです。

 

入院期間はその人の状況によってそれぞれ異なるのですが、順調なのであれば3日から1週間程度になることが多いようです。
ただし、他の疾患によって合併症がある場合には、さらに入院期間が長引くこともありますし、回復が遅くなれば長く入院しなければならなくなります。

 

また、両目を手術する必要がある場合には、一度に両方の手術は行いません。
最低でも1週間の間隔をあけてから、もう片方の手術を行うといのが一般的です。

 

とはいっても、白内障を手術が必要になるほど悪化させない、というのが重要ですので、ゼアキサンチンを普段からしっかりと摂取するようにしてみてください。

 

白内障を予防するルテインサプリメント

ゼアキサンチンで目を健康的に記事一覧

白内障の症状とゼアキサンチン白内障の症状の一つとして光がまぶしい、というものがありますね。少し明るいところに出ただけなのにまぶしくて物が見えにくい、ということもあります。そのような場合には白内障の検査を受けるようにしてみてはどうでしょうか。これは白内障の初期症状の一つとして知られていることなのですが、水晶体が濁り始めることによって光が拡散します。その結果まぶしさを感じてしまうようになるのです。また...

白内障とルティンとゼアキサンチン加齢とともに、白内障を発症する方というのは非常に多いです。その白内障に対して、ルテインの抗酸化作用が非常に高い効果を発揮するといわれています。目の症状として主に現れるのは視界のかすみになります。視野全体がぼやけて見えるようになるのです。その前に見えるものが眩しく感じられる、という兆候もあるのです。暗いところにおいてはなんでもないのですが、明るいところに出ると急に視界...