MENU

白内障とルティンとゼアキサンチン

 

加齢とともに、白内障を発症する方というのは非常に多いです。
その白内障に対して、ルテインの抗酸化作用が非常に高い効果を発揮するといわれています。

 

目の症状として主に現れるのは視界のかすみになります。
視野全体がぼやけて見えるようになるのです。

 

その前に見えるものが眩しく感じられる、という兆候もあるのです。
暗いところにおいてはなんでもないのですが、明るいところに出ると急に視界が悪くなることもあります。

 

これは、目の水晶体に濁りが生じている、という証拠でもあります。
この一つの原因として、目に入ってくる光のうちの紫外線が悪影響を与えているのです。

 

紫外線は、目の内部に活性酸素を作り出している酵素の一つです。
活性酸素によって人間の身体というのは酸化してしまうのですが、これも例外ではないのです。

 

やはり白内障に影響するのです。

 

このような白内障の原因となる活性酸素を除去するうえで、ルティンやゼアキサンチンというのは重要な成分なのです。

 

そのため、普段から積極的にルティンやゼアキサンチンを摂取するように心がけてください。
そうすることで、より効率よく活性酸素を除去することができ、白内障を予防できるようになりますので試してみてください。

 

 

白内障の主な症状とゼアキサンチン

 

白内障というのは水晶体が白く濁るようになる病気です。
水晶体が濁ってしまうと、カメラと同じで映像がきれいにうつらないのです。

 

光の乱反射によって、正しく映るはずの映像が、網膜に届かなくなってしまうこともあります。
白内障の大半は老人性のものなのですが、誰しもがいつかは発症してしまう可能性があるのです。

 

そもそもこの水晶体というのは水分が65%、タンパク質が35%、そして塩類から作られています。
そしてこのタンパク質や水分量のバランスが乱れてしまうことによって水晶体を濁らせてしまうようになります。

 

では、どうして水晶体が濁ってしまうのでしょうか。
その大半は老化によって生理現象として引き起こされます。

 

現在では医学の進歩によって手術で改善できるようになりました。
以前ほどは怖い病気ではなくなったのですが、白内障も緑内障と同じように初期症状があまりありません。

 

ちなみに、白内障の主な症状としては視力の低下が挙げられます。
新聞などの細かい文字を、老眼鏡を着用しても見ることができなくなります。

 

さらにぼやけやかすみ、異常なほどの眩しさもこの白内障の初期症状として代表的です。
こういった症状が出ている場合には安易に考えずに白内障の症状の可能性もあるということを覚えておきましょう。

 

また、ゼアキサンチンを普段から摂取しておくことで、効率よく白内障を予防することができるようになります。

 

白内障とゼアキサンチン

白内障は水晶体が白く濁るようになる病気なのですが、その原因というのははっきりとは分かっていません。
老化によって水晶体の水分が減少してしまうことで、タンパク質が増加してしまい、それが濁りを作ってしまうのです。

 

老化というのはどのような仕組みで起きているのか、ということははっきりと分かっていません。
そのため、白内障を完全に予防することも、現段階ではできないのです。

 

白内障の初期症状ですが、初期症状でははっきりとは現れません。
視力が低下して見えにくくなるのですが、白内障の方というのは体外老眼もありますので、老眼の症状だと勘違いしてしまうことが多いのです。

 

老眼の見えにくさと白内障の見えにくさというのは少しずつ異なる点があります。
老眼はピントが合わない見えにくさなのですが、白内障はうっすら膜が張っているようなものです。

 

また、濁り方によって眩しさを感じてしまう人は、暗くなることでみえにくくなる、という方もいます。
濁りが水晶体の中に点在をしている場合には光が乱反射しますので眩しさを感じるようになります。

 

また、暗くなると瞳孔が開いてしまい、虹彩の下に隠れていた濁りが現れるので注意するようにしなければなりません。